インタビュー・山岡直登 | コンサル転職のフォルトナ

FORTNA フォルトナ

あなたの人生に
最高のクオリティを。

           

ハイクラス・コンサル転職
特化型エージェント フォルトナ

転職が初めての方、迷っておられる方も、お気軽にご相談下さい。1分で完了!転職支援・ご相談のお申込みはこちら
 

スペシャルインタビュー 山岡直登

山岡直登スペシャルインタビュー

【経歴】
学習院高等科、学習院大学経済学部 卒業。
東証一部上場の銀行でリクルーターを経験後、大手人材紹介会社のJAC Recruitmentにて、ハイクラス層を含む転職者のキャリア支援及び企業の採用支援双方を一気通貫で行う。その後、大手日系製造業の採用コンサルタントとしてファイナンス部門・生産技術部門で採用計画立案からオペレーションの実装までを一括で担当し、年間100名規模の採用を支援。
更に企業人事として実務経験を積み、転職エージェント・採用コンサルタント・企業人事の3つの立場で採用に携わってきた経験を持つ。

【大手エージェント、採用コンサルタント、企業人事を経て、今フォルトナを選んだ理由】

ー本日はどうぞ宜しくお願いします。

山岡)宜しくお願いします!

ーではまず、フォルトナに参画された理由を教えて下さい。

山岡)ご相談者とクライアント企業に対して、真摯に向き合える環境があったからです。

私はこれまで、3つの立場(転職エージェント・採用コンサルタント・企業人事)で採用に携わってまいりましたが、そんな中で、個人(キャリアに悩まれている方)や法人(採用に悩む企業)に対して、「自分はどれだけバリューが発揮できているのだろうか?」という想いを常に抱えていました。

その想いの原因の1つとして、多くの人材紹介会社では、KPIの一つとして企業への推薦数が設定されており、それがゆえ、一人のご相談者に、20社でも、30社でも、出来る限り多くの企業に応募してもらおう、という思考と行動がなされている現状がありました。

でも、一回の転職活動で、一人のご相談者が最終的に入社できるのは、たったの一社。

数多くの企業を受けることを目標としてしまうと、ご相談者としても現職があり忙しい中、どんどん疲弊してしまう現状と、一方で、採用企業側としては、内定を出しても出しても、辞退の山が出来てしまう・・、そのようなジレンマがありました。

エグゼクティブコンサルタント・山岡直登

ところが、フォルトナでは、ご相談者に対して、その方にとっての可能性を最大限探りながら、本当にお薦め出来る企業のみを厳選してご紹介しています。

そして量より質でのサポートがゆえ、圧倒的に面接対策に力を入れており、ご相談者の潜在力を引き出す、あるいは対策を通じて、実際に成長頂くことで、内定率を飛躍的に高めているのです。

結果として、個人は、転職活動で疲弊する事態を回避でき、法人は必要以上の内定辞退を避けて、自社にマッチした方の採用を実現できています。

この環境こそ、「人材紹介で自分がバリューを発揮できる場所だ!」と感じ、入社を決めました。

【キャリアの「かかりつけ医」として、介在価値を発揮する】

ーエージェントとしてどんな想いを持って仕事をされているのですか?

山岡)経歴のマッチングではなく、ご本人の志向・将来的な方向性も踏まえたうえで、最適なご提案が出来るよう心がけています。

そのため、「本当にこの方はこの会社と合っている」と感じた場合は、フォルトナならではのクライアント企業との太いパイプを活用し、ご相談者とクライアント企業の最適なご縁を演出できるよう尽力しています。

例えば、そのためにはコンサルファームの役員や経営層との交渉も行います。

とあるご相談者をコンサルティングファームにご推薦した際、通常はパートナークラスの方が出てくる面接が設定されました。

しかし、私としては「この方はトップである社長と語り合って頂いた方が理念などを含めて納得度が高まるし、このファームの今後にとっても重要な人物となるはず」と感じたのです。

その社長は最近は最終面接にも出てこないケースが多いのですが、そこで社長に面接に出ていただくよう交渉をし、結果的に社長面接となって良いお話となりました。

このようなトップアプローチを含め、フォルトナではクライアント企業と深い関係性が構築できているため、踏み込んだ提案をすることが出来、それが結果的にご相談者の可能性を広げることにつながると感じています。

エグゼクティブコンサルタント・山岡直登

また、私は主に、ポストコンサルとして今後の選択肢を考えていらっしゃる方のご相談に乗らせていただく機会が多いです。

ご年齢・役職としても幅広く、アナリストクラスの方から、シニアマネージャークラスの方もご支援させて頂いています。

その方の可能性を最大限高めると言う意味では、面接においてご自身の本来的な魅力を引き出していただくためにも、対策という形でのディスカッションも何度でも行わせて頂いています。

単なるスキルマッチングで、ご相談者が表面上持っているスキルや経験で受かる企業を紹介するのではなく、その方が本来持つ強みや才能を引き出し、その方にとってベストな選択を実現するサポートに全力を尽くしてます。

また、面接対策という「戦術」レベルの話だけではなく、より将来的にどんな人生を送っていきたいのか?という「戦略」の部分をディスカッションさせていただくことが多いです。

それは、仕事という側面に限りません。例えば、とある大手コンサルファームにお勤めのご相談者は、海外で子供を育てたいという夢をお持ちでした。

そのため、海外で子供を育てるために必要なことの棚卸から、どうすれば職業人生の中でそれを実現できるか、といったところもディスカッションさせて頂き、ご家族全体を巻き込んだキャリアプランを練っていきました。

話が弾み、初対面にもかかわらずご家族の話やご友人の話、ご自身の趣味の話などを含めて、色んなことを気兼ねなく話して頂けました。

このように、「転職」というイベントを基軸にした関係を超えて、「人生相談」という形で何でもご相談いただける関係性を築く。

これが、エージェントとしてあるべき姿だと思っています。

そして私は、このエージェントという仕事を一生涯続けていける仕事だと思っています。

いつでも連絡出来て、気軽に相談できる「かかりつけ医」のように、キャリアにふと悩んだ時に、気軽に相談できる存在として、一生ご相談者と関係性を続けていくことのできる仕事だと思っています。

そんな仕事は滅多にないと思うので、とてもやりがいを感じています。

ー今後、フォルトナの中でどんな存在になっていきたいと考えていますか?

山岡)まずはフォルトナの中で、今のエージェントという仕事をプロフェッショナルとして極めていきたいと考えています。

そしてこの会社の中で、と言う意味では自分の立ち位置や振舞い方は毎日のように考えています。

具体的には、この会社で、自分に出来ることは何だろう?ということをひたすら考えているということです。

フォルトナには様々な性格の方がいますが、自分のキャラクターを踏まえて言えば、明るい雰囲気づくりと言う意味では私が果たせる役割が大きいと思っています。

皆の調子が悪い時も、会社の空気を変えていく。そんな役割を今後も担っていけたらと思っています。

【ロールモデルは父。人とのご縁を大切に生きていく】

ーもう少し山岡さんのパーソナリティに迫りたいと思います。ご自身のことはどういう人間だと思いますか?

山岡)人と話すのが好きですし、よく人から話しかけられます。

実家が観光地なのですが、ものの5.6分歩いただけで、何人もの観光客から道を聞かれた経験もあります。

声をかけやすい人だと思われるのでしょうね(笑)。

昔から人懐っこい子供だったということもあります。

ープライベートではどんな風に過ごしているのですか?

山岡)一歳になる娘がいるのですが、もう本当に可愛くて仕方がないですね。

限られた時間の中ではありますが、娘と過ごす時間をとても大切にしています。

趣味と言う意味でいうと、野球やスカッシュを学生時代からやってきたので、健康のためにもたまに友人とプレイします。

他には、父の影響で時計がとても好きです。それぞれの時計には部品がどう創られたか、などのストーリーがあり、とても奥が深いんですよね。

ーご自身の人生の中で、お父様の影響が大きいのですか?

山岡)そうですね、私にとっては父はロールモデルです。

実家で自営業を営んでいたということもあるのですが、父はいつも家にいましたし、とても家庭を大切にする人間なんです。

私も、妻や娘を大切に、これからも笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと考えています。

また、父は仕事とプライベートの垣根なく、人とのご縁を大切にする人間です。

仕事と言う意味では、お客様から他のお客様をご紹介頂くことも多かったようですし、友人もとっても多い。

なので、私もそういった人とのご縁を大切に生きられる人間でいたいと思って育ってきました。

人材紹介の仕事は幸いそういったご縁の輪がどんどん広がっていく仕事なので、私の大切にしていることと親和性の高い仕事だと思っています。

エグゼクティブコンサルタント・山岡直登

ーありがとうございました。それでは転職をお考えの方へ、メッセージをお願いします。

山岡)転職が当たり前といわれる世の中になってはきましたが、やはり「変化を起こす」という意味では転職をするという決断は勇気のいることだと思います。

そういう意味では、その大きな決断をするために、情報収集をするというのも一つの転職活動の形だとも思いますし、今の悩みを私たちに吐露していただくことで、「転職を辞めて現職で頑張ろう」と決めることになるのも立派な転職活動だと思います。

仕事の話でなくとも構いません。ご家族、時間の使い方、将来の夢など、今抱えていらっしゃる思いをざっくばらんにお話し頂きたいと思っています。

転職という手段に限らず、本質的にその方の「人生における満足度」を高めていくことが私の使命だと思っているので、お気軽にご相談に来ていただければ嬉しいですね。

ーでは最後に、フォルトナにご関心がある方に向けて、メッセージをお願いします。

山岡)ご相談者・クライアント企業に真摯に向き合えるからこそ、エージェントとしての自分の介在価値を存分に発揮できる場所だと思うので、プロフェッショナルとしてそこを追求していきたい方と一緒に働いていきたいですね。

そのような想いをお持ちの方、ぜひご応募お待ちしております。

※ご質問・ご要望に「山岡を希望」とご記載ください。