FORTNA フォルトナ

働き方だけの改革ではなく、
あなたの人生に最高のクオリティを。

コンサルティング転職
特化型エージェント フォルトナ

転職が初めての方、迷っておられる方も、お気軽にご相談下さい。1分で完了!転職支援・ご相談のお申込みはこちら
 

コンサルティングファームの組織構成

コンサルティングファームの組織は大きく2つに大別されます。
・コンサルティング部門
・サポート部門(バックオフィス)部門

コンサルティング部門

戦略系ファーム

【組織】
基本的には、社内に明確な部門が存在しないことがほとんどで、若手のメンバーは幅広い業界のプロジェクトに参画し、経営陣に対して戦略立案の支援を行います。それによってあらゆる案件に対応できる戦略立案の専門家が育っていくことになります。
しかし近年では、時代の要請によって、「デジタル」や「イノベーション」に関連する専門組織を新設する動きがあります。
【概略】
・トップマネジメントレベルの問題解決が生業
・代表的な会社は、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン コンサルティング グループ、ベイン・アンド・カンパニー等

総合系ファーム

【組織】
業界別、機能別のマトリクス上に部門が設けられることが一般的で、
業界別を、インダストリー
機能別を、ソリューション、コンピテンシー、ケイパビリティなど各社異なる呼称をしています。

業界別:例えば、自動車、消費財、医薬・医療機器、通信・メディアなど
機能別:例えば、戦略、企業・事業再生、M&A、財務、組織人事、マーケティング、サプライチェーンなど

各コンサルタントはいずれかの部門に所属し、その中で専門性を磨いていくことになります。例えば、
・保険業界をカバーする部門であれば保険会社の抱える経営課題全般の解決
・M&Aに関わる部門であればM&A戦略立案や交渉支援・経営統合支援など
・人事組織に関わる部門であれば人事制度構築や組織変革・タレントマネジメントなど
・IT関連であればIT戦略立案・システム構築支援・PMO支援など
のように、専門領域に関連するプロジェクトに参画します。
【概略】
戦略からオペレーション、ITサービスまで一気通貫でサービスを提供しています。システム構築や、ビジネスプロセスアウトソーシング(クライアントの業務プロセスの一部を担う)など、実行支援を強みとするファームもあります。

代表的なファーム:
アクセンチュア、アビームコンサルティング、デロイト トーマツ コンサルティング、PwCコンサルティング、KPMGコンサルティング、EYACCなどがあります。

機能別部門の呼称例:
アクセンチュア → ケイパビリティ
デロイトトーマツコンサルティング → コンピテンシー
PwCコンサルティング → ソリューション
【一般的なキャリアパス】
各社異なりますが、例えば、
①Pool組織(2年)→ SCMソリューション部門(3年)→ 製造インダストリー部門
②Pool組織(2年)→ IT戦略ソリューション部門
のように、新卒や第二新卒は、Pool組織(専門性を定めず、あらゆるプロジェクトアサインの可能性がある)に所属し、多くのスキルを磨き、職位が上がっていくにつれて自身の専門性を確立していくケースが主流です。

①のように、ソリューション部門から、インダストリー部門へ異動を経て、特定業界の幅広いソリューションに対応出来るように幅を広げていくパターンや、②のように、ソリューション部門に留まり続け、プロフェッショナルとして、あらゆる業界に専門性を発揮するパターンがあります。

プロジェクトの組成/アサイン

▶プロジェクトごとに上司が変わる
コンサルティングファームではその都度プロジェクトチームが編成され、プロジェクトが終了すればチームは解散。それぞれがまた別のプロジェクトに召集されチームを形成します。
したがって、コンサルティングファームでは、プロジェクト毎に上司が変わることすらあり、明確なライン(部長→課長→主任→スタッフ)で上司が固定されている一般企業との大きな違いでしょう。

▶チーム人員構成
ケースバイケースですが、例えば5名程度のプロジェクトであれば下記のような構成が一般的です。
・そのクライアントにおけるすべてのプロジェクトに責任を持つパートナークラス
・その下に個別のプロジェクトの運営に責任を持つマネージャー~ディレクタークラス
・プロジェクト運営責任者の指示のもとで割り振られたタスクを実行するアナリスト~シニアコンサルタントクラスが2~3名程度

※システム構築に関わるコンサルティングの場合は、数十名単位の大型プロジェクトとなるケースもあります。

サポート部門

・リサーチャー
・ナレッジマネジメント
・人事
・経理
など、コンサルタントやファーム全体をサポートする様々な部門があります。
サポート部門の強さや充実度が、ファームのサービスの質/スピードや、現場コンサルタントの働きやすさに直結する為、近年、各社はサポート部門の強化に力を入れています。

外部から経験者を採用するケースに加えて、社内のコンサルティング部門から公募する場合もあり、「コンサルティング経験を活かして自社に貢献したい」と考えるコンサルタントの新たなキャリア選択肢になっています。