リヴァンプ×フォルトナ スペシャルインタビュー Part1

-Revamp × Fortna Special interview part1-

ニュースになるような仕事を共に

[春日]
柴山さんは昨年リヴァンプにご入社されたわけですけど、ご自身がこの1年を振り返って得られたものって何でしょうか?

[柴山様]
正直言うと、もう何かを得る立場じゃなくて、与える立場なんですよね。いかに与えられたか?ということしか考えていないです。

入社当初、社内の人間からは「職務経歴書に書いてあることが本当にできるのか?」や「実際、何ができるヒトなんだろう?」という目で見られているなと強く感じていました。

そこをまず証明すること、そして自分自身を知ってもらうよう働きかけてきましたし、私が入社したことで会社にどんな変化を及ぼせるか。つまり、会社全体としてできていなかったこともどんどんやっていこうと。

そういう想いでやってきた1年でしたね。

[春日]
柴山さんとしては、今後リヴァンプをどのようにしていきたいのでしょうか?

[柴山様]
高いレベルでRevamperとしての改革精神を持つ人間を増やしていきたいですね。

私自身、日本社会を良くしたいという改革精神を持って入っています。リヴァンプは「日本を元気にする会社」なので、リヴァンプが更に良くなれば、日本社会を良くすることに必ず繋がりますよね。

もう一つは、社内の横の連携を増やしていきたいと考えています。

[春日]
柴山さんが触媒としてご活躍されていると聞きました。

[柴山様]
これも「刷新したい」という想いからですね。自分から周囲にどんどんアクセスするようにしています。

例えば、他の執行役員に私から連絡して「一緒に情報連携やプロジェクト連携をやっていきましょう」と伝えています。

そこから他のチームとの連携に波及して、どんどん輪が広がっていっているんですよね。

「各チームの連携が、これまで以上に必要なタイミングで実行できるようになり、非常に感謝しています!」と言われた時は、とても嬉しかったです。

[春日]
今あるものが活性化するだけで、シナジーが発揮できますよね。ありがとうございます。最後に、御社にご関心をお持ちの方に伝えたいことはありますか?

[柴山様]
「日本を一緒によくしませんか?」でしょうね。

弊社では社内でのコミュニケーション活性化のため、フェイスブックの職場版であるワークプレイスを使っているのですが、先日「ニュースになる仕事をしたいとの思いを抱きリヴァンプに入社を決めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?」という投稿をしたんです。

いつもなかなか「いいね」がつかないのに(笑)、この時ばかりは見てる人の半数以上が「いいね」をつけてくれました。

実際にその投稿は、とある大きなニュースリリースが出た日にアップしたんですけど、そういったことに共感して入ってくる人が多いと思っています。

ニュースになるような仕事というのは言い換えれば、日本社会に良いインパクトをもたらす仕事だと思うんです。

今私がまさに手掛けているグローバル案件も、中国やASEAN諸国の人たちをはじめとした多くのステークホルダーを巻き込んでいて、日本に大きなインパクトを与えるような仕事です。

そんな仕事が出来ることはうちの醍醐味だと思いますし、こうした仕事を通じて、一緒に日本を元気にしていきたいですよね。

[春日]
熱いメッセージをありがとうございました!

インタビュー後小噺

[柴山様]
今日は本当にありがとうございました。いや~、春日さんって、良き相談相手なんですよね。やっぱり、自分が見えてない世界のことをよく知ってるじゃないですか。

人材市場の状況についても情報提供してくださるんで、そこは非常に助かってますよね。何でも話せる関係性です。

[春日]
結構長電話しますよね(笑)。

[柴山様]
1回電話すると、気づけば30分以上話してたり(笑)。

千田の同級生で、他にも同級生がリヴァンプに在籍しているって、ポジションがすごくユニークですよね。

そういう意味だと、人として信頼するところまでは早かったですよね。何かあっても、千田に聞きに行けば、どういうことを考えているかもすんなり理解できました。

[春日]
そうですね。柴山さんとは最初、ご相談者とエージェントという関係。始まりは、私のスカウトからのお電話でしたよね。

第一声に、「会う必要ってありますか?」って言ってましたね(笑)。

一同(笑)

[春日]
特にコロナが流行りだしたタイミングだったということもあり、別にリモートでも面談は出来る。

特にアメリカから帰国されたばかりだったので、柴山さんとしてはリモートに慣れていたでしょうし。

至極まっとうなご質問だったと思います(笑)。

でも、やっぱり直接お会いしたかったので、そう言われながらも、私は「会う必要あります」と即答しました。

その翌日か翌々日にお会い頂けることになったんですよね。新宿のルノアールで、1時間以上話しましたね。

[柴山様]
よく覚えてるね(笑)。

[春日]
その時に、御社のことをご紹介したんですよね

プロジェクト事例というよりは、リヴァンプにはこういう人たちがいて、こんなところで柴山さんが必要とされているとか、活躍できますよっていう話をして。

弊社副社長の池原も柴山さんのことを知っていたので、あらかじめお人柄を聞いていましたが、やはりどこまでいっても人を大切にする方ですよね。

[柴山様]
いや~、今こうしてここで話しているのも縁ですね。

[春日]
そうですね!連絡にはすぐ返事することを大切にしていたり、細かなところまで本当に気を配られている方です。

振り返ってみれば、その人間力の高さがあったからこそ、1年でここまで来られたわけですよね。

転職のご支援をしたその本人から採用のお話を貰うということは、私の理想形の一つだったんですよ。

それが今ここで実現しつつあるというのは、本当に有難いです。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

[柴山様]
こちらこそです。今後ともよろしくお願いします。

インタビュートップに戻る

1 2

3

おすすめコラム

  1. PwCコンサルティング、今治市から「いまばりワーケーション推進事業」を受託

  2. デロイト トーマツ グループが AIに関する研究組織「Deloitte AI Institute」を設立

  3. ディレクター 春日竜太

  4. アクセンチュア、「プロジェクト・スポットライト」を始動

  5. PwCコンサルティング、新型コロナワクチン接種業務支援室を設置

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む