リヴァンプ×フォルトナ スペシャルインタビュー Part3

-Revamp × Fortna Special interview part3-

会社のサステナビリティを高めるために

[春日]
今後、リヴァンプにどういう変化を起こしたいとお考えでしょうか

[大山様]
リヴァンプがここまで成長できたのは、トップマネジメントのリーダーシップと、ある種各メンバーの才能に依拠してきた部分が大きいと思います。実際、経営支援チームのマネージャーやシニアマネージャーは本当にどこに出しても恥ずかしくないくらいのスキルと経験を持っている人ばかりです。ただ、ここから一段成長するためには、私はそれだけでは限界があると思っています。実はそうしたハイパフォーマーの陰に隠れてしまっているけれども、きちんとした教育や研修機会があれば、活躍できる人はたくさんいると思っています。つまりは組織としての更なる成長のためには、安定性や再現性が重要で、その体制を構築する必要があります。その意味では、私がこれまで大企業で経験してきたことが、非常に役立っています。会社としてのサステナビリティを高めていくことが私のミッションですね。

[春日]
御社の中でのハイパフォーマーがそのようなスキルと経験を得られたのはなぜなのでしょうか?

[大山様]
やはり現場の中に入り込んでいくことが重要なのではないでしょうか。通常のコンサル会社との比較をすると、3ヶ月で一定の目的を持ってプロジェクトを達成し、プレゼンテーションを納品して終わり、というようなプロジェクトはありません。リヴァンプでは、例えば1年間べったりとお客様に張り付き、一緒に経営実務そのものに携わっていく。そうすると最初に定義した仕事以外に、業務の範囲が広範になっていきますし、そこに柔軟に対応していくことで、他のファームとは一線を画す経験が積めているのではないかと思います。

[春日]
そのようにお客様と長期的なリレーションシップが構築できるのはなぜなのでしょうか?

[大山様]
私たちは、デリバリーしたプロジェクトのプレゼンテーションに対して高額のフィーを頂くというよりも、中長期的にお客様に寄り添い計画の実行をサポートしていく、その上で成果に応じた成功報酬を頂いているというところが大きいと思います。
実行前のプロジェクトで高額なフィーを頂く事に関しては、あまり良しとしておらず、実行まで含めて考えています。いかに素晴らしいアイディアであったとしても、それを実行できなければ意味がないですからね。
あとはものすごく大雑把に言ってしまうと「良い人が多い」ということなんですが(笑)、採用の際にお客様に好かれそうな人材を選んでいるという側面もあるでしょうね。
上から目線でアドバイザリーをする人ではなくて、お客様と一緒に汗をかける人を重視しています。

CFOの仕事の魅力とは?CFOを目指すために必要なこと

[春日]
弊社にも、将来CFOになりたいとご相談にいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。実際のCFOの仕事の魅力はどんなところにあるのでしょうか?

[大山様]
CFOの魅力は、業務の広範さと、会社の成長に大きなインパクトを与えられるところではないでしょうか。管理部門の管掌から、経営企画、IRまで見ることもあります。当然の役割としてファイナンス全般を取り仕切りますし、日本ではあまり一般的でないものの、M&Aを取り仕切るのもCFOの役割と考えています。バランスシートの右側を活用しながら会社を成長させていくわけですが、M&Aやファイナンスというレバレッジを使うことで会社の成長スピードは大きく変わってきます。そのようなCFOが会社に与えるインパクトは非常に大きいですよね。
大規模な会社であれば専任のIR担当もいるのでしょうが、そうでない限りはCFOが投資家とのコミュニケーションも担っていきます。すると会社へのインパクトだけでなく、資本市場に対するインパクトもある。色々な意味で、目立つ重要な仕事だと思いますね。

[春日]
投資銀行、PEファンド、コンサルファームをご経験されてきた大山さんとして、CFOを目指したい方へのアドバイスはありますでしょうか。

[大山様]
まず投資銀行という意味では、M&Aと資金調達のどちらも経験を積めることが重要だと思います。先ほど申しました通り、ゴールドマン・サックスはM&Aと資金調達がどちらも経験できる環境でしたが、多くの会社において、いずれか一方しか経験できない認識です。
CFOを目指すときに、この両方の経験をしていることが非常に重要なので、投資銀行を考えるのであればその両方の経験を積めるかは考えた方が良いと思います。
また、アドバイザリー業務だけやっていてCFOになるのはハードルが高いので、事業会社で当事者としてプラスアルファの経験を積む必要があると思います。
次に、PEファンド。投資家としてきちんとモニタリングはするが、バリューアップは別部隊やコンサルファームに任せるというファンドも多いので、全てのPEファンドでCFOに必要なスキルが身につけられるわけではないと思います。また、株主として入るのと、自分が当事者として入社するのではやはり意味合いが違いますね。
FASに関しては、大きい会社が多く、分業体制が敷かれていることがほとんどかと思います。バリュエーションの専門家になる、というキャリアは実現できると思うのですが、CFOに必要な経験はもっと広範なので、FASの経験だけでCFOを目指すのも大変なことだと思います。
私は色んな会社に転職をしてきて、それぞれの会社で行ってきたことが非常に役に立っています。監査法人時代の内部統制アドバイザリーを行ったことや、PEファンド時代に人事や法務にも携わったことも。いずれか一つのキャリアで、今の自分にたどり着くことはなかなか難しかったと思います。一方で、リヴァンプのCFOチームでは、私の積んできたキャリアが纏めて経験出来ます。投資も経営支援もやりますし、CFOとして色んな形で会社に関わっていく機会が豊富にあります。

[春日]
幅広い経験が必要とされるCFOを目指すために経験を積みたい人も、有望なCFOポジションを狙っている人にも、応えられる環境があるのがリヴァンプですね!ありがとうございます。最後に、候補者の皆様にメッセージをお願い致します。

[大山様]
私が社会人になった2000年頃に比べ、今の時代はとても不確実性が高まっています。昔から安定だと言われてきたものが、今はそうとは限らないのが現状です。リヴァンプは経営支援を手がけていますが、CXO機能に限らず、ITチームも含めて幅広いリソースを有しています。それらすべてと連携して支援を行っているので、積める経験の幅も相当広いものとなっています。今の時代にはそうした幅広い経験こそが、自分自身の実力という真の安定につながるのではないかと思います。自分自身で道を切り開いて成長していきたい、CFOを目指したいと思う方は、ぜひ門を叩いて頂ければと思います。

[春日]
本日はありがとうございました。

インタビュートップに戻る

1 2

3

おすすめコラム

  1. PwCコンサルティングと武田薬品が「Bodylogical®」を活用したクローン病シミュレーションツールを用いた活動を開始

  2. 必ず知っておきたい!コンサルファームの組織の特徴

  3. 憧れのDigital BCGに転職!心から信頼できるエージェントと掴んだ成功

  4. コンサル転職でおすすめのエージェントの特徴とは?

  5. PwCコンサルティング、プロダンスチーム「Benefit one MONOLIZ」と協賛契約を締結

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む