FORTNA フォルトナ

働き方だけの改革ではなく、
あなたの人生に最高のクオリティを。

コンサルティング転職
特化型エージェント フォルトナ

転職が初めての方、迷っておられる方も、お気軽にご相談下さい。1分で完了!転職支援・ご相談のお申込みはこちら

コンサルタントの独立・起業

コンサルタントを目指す理由に、将来の独立や起業への足掛かりとしたい、という声は思いのほか多く頂きます。
事実、コンサルタント出身の経営者は多く、近年スタートアップ企業のボードメンバーに、コンサルタント出身者を多く見ることができます。
一方で、コンサル出身の経営者が、自身の経験を振り返り「コンサルタントの経験は、起業には役に立たなかった」との声もあり気になる部分ではないでしょうか?

この章では、現役のコンサルタント、あるいは、これからコンサル経験を経て、独立・起業を目指す方の参考になる情報を紹介いたします。

独立と起業の違い

皆さんは、明確に答えられるでしょうか?
ベンチャー起業家、という呼称がある一方で、弁護士(会計、社労士)事務所を独立開業、医者や美容師が独立、と言いますね。
単純に、法人を設立して社長になれば、イコール起業、というわけではなさそうです。
辞書を引くと、
【独立】他の束縛・支配を受けないこと
【起業】主に新たに事業を起こすこと
とあります。
踏まえて、本サイトでは、独立と起業を、下記のように定義いたします。

独立
サラリーマン時代と同じ業種&職種での創業/開業(前職とは競合関係になる)

▶推移
コンサルタントの経験を活かし、
→①フリーランスとして単独で独立(個人事業主 or 法人化)
→②仲間と共に、複数人で独立してコンサルティングファームを創業

▶コンサル出身者による独立の代表例
・ドリームインキュベータ(BCG出身/堀 紘一氏)
・経営共創基盤(CDI出身/冨山 和彦氏)
起業
サラリーマン時代と異なる業種or職種での創業/開業(前職とは競合しない)

▶推移
コンサルタントの経験を経て、
→④ベンチャー企業を起業

▶コンサル出身者によるベンチャー起業の代表例
・DeNA(マッキンゼー出身/南場 智子氏)
・エムスリー(マッキンゼー出身/谷村 格氏)
・レアジョブ(モニターグループ出身/加藤 智久氏)

上記を踏まえれば、起業/独立の目的が、「他に縛られずに自由に働くこと」「経営者になりたい」というものであれば、【独立】
コンサル以外の「新たな事業やサービスを世に送り出したい」というものであれば、【起業】を目指すことになるでしょう。
いつかは独立/起業と考えている方は、自分はどのアプローチを取るか、検討しておきましょう。

コンサルタント出身の経営者一覧はこちら

コンサルの独立/起業のアプローチ可視化

【独立についての考察】
・コンサルタント経験をそのまま活かせる為、立ち上がり安さ、キャッシュフローの早期安定化が求めやすい。(①、②)
・本来コストセンターになる新たな社員の増員時も、コンサル経験者を雇い入れれば、市場の高いコンサル需要により、即プロフィットセンター化する点も大きい。
・安定したキャッシュフローを源泉として、途中から新規事業として非コンサル事業に乗り出し、多角化するケースもよく見られる。(X、Yの遷移)
・フリーランスの場合、まずは個人事業主からスタートし、上手くいきそうであれば、法人化(Aの遷移)その後、リアルビジネスへの挑戦(Xの遷移)や、ファームとして拡大を目指す(Bの遷移)、という展開もよく見られる。

【起業についての考察】
・ITやインターネット事業であれば、まずサービス開発にあたり、エンジニアの採用、あるいは外注開発コストが必要となる。
事業内容によっては、店舗を構えたり、在庫や原材料費など必要な場合もあるだろう。
・当然ながら、製品/サービスが完成したからと言って、すぐに売り上げが上がるわけではない。
営業活動が必要になり、必要に応じて、マーケティングに広告費を投入する必要もあるだろう。
・コンサルタントとしての独立と大きく異なるのが、この「起業から初入金までの道のりは長い」、という点だろう。
初入金までのキャッシュを持たせる資金計画と、それを支える潤沢な資金を用意する必要がある。
必要に応じて投資家から資金を集める必要も出てくるだろう。

繰り返しになるが、いつかは独立/起業と考えている方は、自分はどのアプローチを取るか、その為に必要なヒト・モノ・カネをはじめとした必要な準備について、少しずつ検討を進めていきましょう。


将来の独立・起業
コンサルタントの独立・起業【現在地】
コンサルティングファーム出身の経営者リスト
推薦図書~独立/起業~