相次ぐ地方銀行によるコンサルティングビジネスへの進出

京都銀行や百十四銀行など、地方銀行が続々とコンサルティングビジネスへの進出を発表

地方銀行によるコンサルティングビジネスへの進出が相次いでいます。人口減少における収益ダウンや、ビジネスモデルの行き詰まりから脱却を図ろうとしていることが背景にあります。

地銀のコンサルビジネス進出で特徴的なのは、
・外部のコンサルファームやプラットフォーマーと連携
・デジタル技術を活用
・地銀が持つ地域のネットワークを利用
という流れの中で、事業承継やビジネスマッチング、人材コンサルティングを行っている点と言えます。

以下では一例をご紹介します。
■京都銀行
「京銀Big Advance」
🔽関連記事
https://www.kyotobank.co.jp/news/data/20200611_2085.pdf

■百十四銀行
「インクグロウと業務提携」
🔽関連記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60112030Y0A600C2LA0000/

■沖縄銀行
「沖縄みらい元気応援室」
🔽関連記事
http://www.kyushu01.com/news/okinawa/65560.html

関連記事

おすすめコラム

  1. デロイト トーマツ コンサルティングとエクサウィザーズがスマートシティ分野における実証プロジェクトでの協業を開始

  2. BCG、内田有希昌氏と秋池玲子氏(新任)の共同代表体制に

  3. 「働きがいのある企業ランキング2021」コンサル業界でランクインした企業は?

  4. ディレクター/社会保険労務士 石川夏与

  5. デロイト デジタル、4つのSalesforce Partner Innovation Awardを受賞

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む