フューチャー、敷島製パンと共同でのAI適用検証を開始

フューチャー株式会社、敷島製パンと共同で製品パッケージの印字チェック業務へのAI適用検証を開始

「超熟」などの食パンブランドで有名な敷島製パン。
実は、年間約3,000もの新製品発売や既製品リニューアルを行うそうです。
その際、原材料やアレルゲンなどの表示情報が確認書どおりに正しく反映されているか、複数名が目視でチェックしているとのこと。
この非常に高負荷な作業に対し、AI技術のビジネス活用に強みを持つ フューチャー株式会社は、AI適用検証を開始したと発表。
表示情報チェック業務の効率化と精緻化を目的として、様々な製品に適合するAI開発を追求するとのことです。
🔽詳細はこちら
https://bit.ly/3hDkCLx

関連記事

おすすめコラム

  1. PwCがAI/VRを活用した新しい不動産仲介プラットフォーム「Virtual Vintage Residence Lab」を開発

  2. クニエが「サブスク診断サービス」を提供開始

  3. アビームコンサルティング、「日本企業のDX取り組み実態調査」結果発表

  4. 絶対に知っておきたい「転職活動と景気」の関係

  5. 徹底した対策で、念願のBCGへ転職大成功!

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む