フューチャー、敷島製パンと共同でのAI適用検証を開始

フューチャー株式会社、敷島製パンと共同で製品パッケージの印字チェック業務へのAI適用検証を開始

「超熟」などの食パンブランドで有名な敷島製パン。
実は、年間約3,000もの新製品発売や既製品リニューアルを行うそうです。
その際、原材料やアレルゲンなどの表示情報が確認書どおりに正しく反映されているか、複数名が目視でチェックしているとのこと。
この非常に高負荷な作業に対し、AI技術のビジネス活用に強みを持つ フューチャー株式会社は、AI適用検証を開始したと発表。
表示情報チェック業務の効率化と精緻化を目的として、様々な製品に適合するAI開発を追求するとのことです。
🔽詳細はこちら
https://bit.ly/3hDkCLx

関連記事

おすすめコラム

  1. NTTデータ経営研究所等が海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC)設立へ

  2. 【未経験者必見!】コンサルタントに受かるための転職理由とは?志望動機の作成方法やポイントを解説【例文付き】

  3. 新著「BCGが読む 経営の論点2021」が発売

  4. リヴァンプ×フォルトナ スペシャルインタビュー Part1

  5. EY、2021年のカーボンネガティブ実現に向けた目標を発表

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む