NTTデータ経営研究所がヒットソング予測に成功

脳科学とAIで音楽トレンドを可視化し、ヒットソング予測に成功

NTTデータ経営研究所によると、同社とNTTデータ、阪神コンテンツリンクは、脳科学とAIで音楽トレンドを可視化し、ヒットソング予測に成功したことを発表。
2019年9月より、NTTデータの人間の脳活動を推定する技術 NeuroAI1と、阪神コンテンツリンクのBillboard JAPANの総合ソングチャートHOT 100のデータを組み合わせた共同研究を実施。
過去5年間にヒットした2185曲を対象に研究を行ったところ、楽曲の脳情報化による新たな特徴の獲得や、ヒットソングの特徴の可視化、未来の音楽トレンド予測に成功したとのことです。
3社はこの研究結果をもとに、新たなサービスのトライアル提供を2020年9月から開始。 所属アーティストの躍進を目指すレコード会社などに向け、アーティストの発掘・育成やマーケティングの支援、そしてストリーミング事業社などに向けたチャートデータや脳情報を基にしたプレイリストの制作支援を行っていくとのことです。
🔽詳細
https://www.nttdata-strategy.com/newsrelease/200903.html

関連記事

おすすめコラム

  1. デロイトデジタルがSSFF & ASIAの『BRANDED SHORTS』に「Deloitte Digital Awards」を新設

  2. アビームコンサルティング、東南アジアの人材育成領域の支援を強化

  3. 30代未経験でもコンサルタントに転職できる?転職を成功に導く3つのポイント

  4. BCG日本共同代表が輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会の行動宣言に賛同

  5. PwCコンサル、中部国際空港を起点とした空港MaaSの実証実験を開始

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む