PwC Japan、「AI経営」の提供を開始

経営においてAIが当たり前に存在している世界の実現を目指す

PwC Japanは、AIを経営の中枢に据え、経営革新を実現する包括的支援サービス「AI経営」の提供開始を発表。
「経営においてAIが当たり前に存在している世界の実現を目指す」とする同サービスでは、PwCのグローバルネットワークを駆使しテンプレート化された最先端のAI活用事例を活用。
更にPwC独自のフレームワークBXT(Business eXperience Technology)を用い、
・ビジョン策定
・ビジネスプロセス・マネジメント変革
・データ活用を行う上で必要となるデータの整備や基盤構築
まで、AI経営の実現に向けたロードマップを策定。
戦略の実行においては、コンサルティング、監査、M&Aアドバイザリー等、PwCグループ全体で複合的に支援を行っていくとのことです。
🔽詳細
https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/ai-transformation200908.html

関連記事

おすすめコラム

  1. なぜコンサルtoコンサル転職は人気なのか?

  2. BCG、内田有希昌氏と秋池玲子氏(新任)の共同代表体制に

  3. デロイトトーマツコンサルティング、Salesforce領域を強化で520人体制へ

  4. エグゼクティブ転職の基礎知識

  5. 「コンサルのベンチャー」に転職する3つのメリット

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む