PwC Japan、「AI経営」の提供を開始

経営においてAIが当たり前に存在している世界の実現を目指す

PwC Japanは、AIを経営の中枢に据え、経営革新を実現する包括的支援サービス「AI経営」の提供開始を発表。
「経営においてAIが当たり前に存在している世界の実現を目指す」とする同サービスでは、PwCのグローバルネットワークを駆使しテンプレート化された最先端のAI活用事例を活用。
更にPwC独自のフレームワークBXT(Business eXperience Technology)を用い、
・ビジョン策定
・ビジネスプロセス・マネジメント変革
・データ活用を行う上で必要となるデータの整備や基盤構築
まで、AI経営の実現に向けたロードマップを策定。
戦略の実行においては、コンサルティング、監査、M&Aアドバイザリー等、PwCグループ全体で複合的に支援を行っていくとのことです。
🔽詳細
https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/ai-transformation200908.html

関連記事

おすすめコラム

  1. アビームコンサルティングがVRを活用し、サントリーホールディングスの 企業理念及び創業精神の浸透を支援

  2. スカイライトコンサルティングが「ベトナム日本 国際ユースカップ U-13」特別大会に協賛

  3. 「コンサルのベンチャー」に転職する3つのメリット

  4. クニエの新・代表取締役社長に土橋 謙氏が就任

  5. 【合格者続出】ケース面接を突破しコンサル転職を実現するための対策方法

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む