デロイトトーマツグループが「新型コロナウィルス支援枠」の特別賞を受賞

社内でオンラインを活用した寄付の仕組みを構築し、その取り組みが評価

デロイトトーマツグループは、日本ファンドレイジング大賞で設けられた「新型コロナウィルス支援枠」の特別賞を受賞したことを発表。
新型コロナウィルスにより生じている様々な社会課題を解決するため、社内でオンラインを活用した寄付の仕組みを構築し、その取り組みが評価された形です。
同取り組みでは、1か月で総額約10,440,000円の寄付金を集め、NPOフローレンスや日本赤十字社などに対して寄付を行ったとのことです。
🔽詳細
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20200914.html

関連記事

おすすめコラム

  1. アクセンチュアと住友化学が合弁会社SUMIKA DX ACCENTを設立

  2. PwCあらた監査法人、「データガバナンス診断ツール」の提供を開始

  3. PwCコンサルティング、Chronicle を活用したマネージドスレットハンティングサービスを提供開始

  4. 成功の秘訣は、エージェントとのシナジー。ITベンダーから外資系総合コンサルファームへ転職

  5. デロイトトーマツコンサルティング、レッドハット、HPEがDXで協業開始

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む