アクセンチュア、「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」で世界第3位に

トップ100の選出は今回で5年連続

アクセンチュアは、多様性と受容性に富んだ職場環境を持つ上場企業100社を認定するリフィニティブの2020年「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」において、世界第3位に選出されたことを発表。

リフィニティブのESG(環境・社会・ガバナンス)データをもとに算出され、「ダイバーシティ(多様性)」、「インクルージョン(受容性)」、「人材開発」、「論争・物議」の柱となる4項目のそれぞれで評価。総合スコアが最も高い上位100社がインデックス構成銘柄に採用され、アクセンチュアがトップ100に選出されたのは今回で5年連続です。

アクセンチュアは長年ダイバーシティ&インクルージョンに積極的に取り組んでおり、日本では「PRIDE指標」において、2016年以降4年連続で最高評価であるゴールドを受賞したほか、日経WOMANが選出する2020年版「女性が活躍する会社BEST100」で総合2位にランクインしています。

🔽プレスリリース
https://newsroom.accenture.jp/jp/news/release-20201016.htm

関連記事

おすすめコラム

  1. キャップジェミニがマルチブックのSAPサービス事業を買収へ

  2. デロイト トーマツ コンサルティングとエクサウィザーズがスマートシティ分野における実証プロジェクトでの協業を開始

  3. SHIFTがVISH株式会社を子会社化へ

  4. 100歳まで働くために。50代後半からの新たな挑戦!ITコンサルタントに転職成功

  5. フューチャーアーキテクトが日本経済新聞社の新基幹システム『COMET』を開発

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む