EY、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング社と業務協力

コーポレートファンクション(社内業務)のDX支援サービスにおいて業務協力

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(EYSC)は、データサイエンティストやエンジニアが多く所属するテクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(TDSE)とAIおよびデータサイエンスの領域において業務協力を開始。
クライアント企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)をハンズオンで迅速に推進する体制を整えていくとのことです。

TDSEとの協力関係の第一弾として、EYSCは経費の不正検知領域におけるアナリティクスサービスの提供を行うとのこと。

今後、EYSCはグローバルで保有するコーポレートファンクションの業務効率化のノウハウやデータアナリティクスのアセットと、TDSE社が保有する高度なAI・データサイエンス技術を融合することで、コーポレートファンクションのDXを支援するサービスをより一層強化し、提供していくとのことです。

🔽テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
TDSEは、高度なAI技術をコアバリューとするデータサイエンティストや、業界・業務に精通した知識及びビッグデータ活用技術を保有するエンジニアを抱えるプロフェッショナル集団。「DXコンサルティング」、 「データ分析」、 「プラットフォーム開発」の3つの観点で協調しながら価値を最大化していくことを目標に掲げています。

🔽ニュースリリース
EY、コーポレートファンクション(社内業務)のDX支援サービスにおいてテクノスデータサイエンス・エンジニアリング社と業務協力

関連記事

転職支援・ご相談はこちら