EY Japanが「EY Startup Innovation」を設置

スタートアップ・エコシステム全体の発展に寄与し、新たなイノベーションを生み出す専門チーム

EY Japanはスタートアップを支援する専門チーム「EY Startup Innovation」を設置したことを発表。

スタートアップ・エコシステムの発展に伴い、スタートアップを取り巻くビジネス環境はより高度化・複雑化。スタートアップ経営者や大企業の担当者、投資家は、必要な知見を持った専門家を探し出し、個別に作業を依頼するなど、全体をコーディネートする必要があり、大きな負担を強いられています。

EY Startup Innovationは、会計士、税理士、弁護士、M&Aアドバイザー、戦略系コンサルタントなど、様々な分野の専門家で構成されており、スタートアップに精通した知見を保有。各分野の専門家がスムーズに連携することで、スタートアップ・エコシステム内で求められる様々なサービスを整備し、ワンストップで提供できる体制を構築しています。

また、EYではスタートアップ・エコシステムを一つのセクターとして捉え、スタートアップ・エコシステムで求められるサービスを拡充する方針。今後はVCでのスタートアップ投資・ファンド運用経験者や、資金調達アドバイザリー、オープンイノベーションを専門とする戦略系コンサルタントも新たに採用し、体制を強化していくとのことです。

これまでEYは、世界のIPOリーディングファームとして、IPO認定者制度やアントレプレナーの表彰制度などにより、ユニコーンや急成長企業を支援し続けてきました。
同チームの設立により、スタートアップ・エコシステムで求められるサービスを開発することで、スタートアップ・エコシステム全体の発展により寄与していくとのことです。

なおEY Startup Innovationは、2023年6月末までに総勢700名体制の構築を目指すとのこと。

🔽ニュースリリース
EY Japan、スタートアップ・エコシステム全体の発展に寄与し、新たなイノベーションを生み出す専門チーム「EY Startup Innovation」を設置

関連記事

転職支援・ご相談はこちら