デロイトトーマツコンサルティング、Salesforce領域を強化で520人体制へ

Salesforceを活用した構想から開発、保守・運用までのEnd to Endでのビジネス支援体制を強化

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)はSalesforceを活用した構想から開発、保守・運用までのEnd-to-Endでのビジネス支援体制を2023年に向けて強化し、人員体制として現状の4倍強の520人体制へと拡充を図ることを発表。

これにあわせて、DTC子会社のエー・フレーム株式会社(A-frame)は、2020年12月1日より新たにSalesforceを用いたシステム開発、及び導入後の保守・運用・Dev Opsを担うAMO(Application Management Outsourcing)サービスなどのビジネス展開を開始するとのこと。

リモートワークの増加、ECの拡大などの環境変化を背景に、CRM分野を始めとするSalesforceの活用ニーズは急速に高まっています。

それに伴い、Salesforceの構想からソリューション導入・展開までをEnd–to-Endで支援する体制が強く求められており、今回のDTCの体制強化はこうしたニーズに対応するためとのこと。

なお、Salesforceのビジネス支援メンバーはデロイト デジタルの一員として活動するとのことです。

🔽エー・フレーム株式会社
https://www.aframe.co.jp/

🔽ニュースリリース
デロイト トーマツ、Salesforce開発、保守・運用領域の体制強化

関連記事

おすすめコラム

  1. フューチャーが前財務省財務事務次官の岡本薫明氏を顧問として招聘

  2. 定年後のために。経験を活かした50代のキャリアチェンジ!大手SIerからITコンサルタントへ転職!

  3. PwCアドバイザリーがVCIUを設立、「サステナブル・スマートシティ」参画企業の事業化支援を本格展開

  4. プロレド・パートナーズ 新オフィス訪問レポート

  5. KPMGコンサルティング、DXMOの構築支援サービスを開始

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む