PwCコンサルティング、新型コロナワクチン接種業務支援室を設置

円滑なワクチン接種のための自治体・企業・団体等向けサポートを実施

PwCコンサルティングは、自治体・企業・団体等向けの、新型コロナワクチン接種業務支援室(室長:医療・医薬ライフサイエンス部 堀井俊介氏、公共事業部 宮城隆之氏)を2021年2月2日に設置したことを発表。

本支援室では、PwCコンサルティングが持つ専門的知見や各業界に対する深い理解、業界を横断したプロジェクト推進の手法や、ヒューマンセントリックな体験構築のノウハウなどを用い、不確定要素が大きく状況が刻々と変化すると予想されるワクチン接種業務を円滑かつ安全に進めるための支援を行っていくとのことです。

具体的には、地域全体のワクチン接種計画を策定し管理していく自治体や、ワクチンの製造・輸送・接種に関与するさまざまな企業および団体に対し、以下業務の支援が想定されています。
※状況の変化に合わせ柔軟に対応します。

・ワクチンの取扱・安全性に係る調査・情報提供
・ワクチン出荷・輸送体制網の構築
・ワクチン接種計画策定・管理
・ワクチン接種会場運営
・住民へのメッセージ発信
・問い合わせ対応

上記支援業務については、すでにいくつかのプロジェクトが進行しており、また今後も短期間で多種多様な対応業務が発生するとの見込みから、支援室を設置し、情報を一元的に整理し有用な支援に活用していくための体制を整えることになったようです。

PwCコンサルティングは、PwCグローバルネットワークとも可能な限り知見を共有し、短期間での円滑な推進体制の構築と確実な推進が求められる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種業務に対し、最大限の支援を行うことで、社会に貢献していくとのコメントを発表しています。

🔽プレスリリース
PwCコンサルティング、新型コロナワクチン接種業務支援室を設置

コンサルファームによる新型コロナウイルスのワクチン関連支援においては、昨年にアクセンチュアがSalesforceのマニュアル接触追跡ソリューションを活用した新型コロナウイルスのワクチン管理ソリューションを発表するなど、世界的に支援体制が構築されてきています。

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. アビームコンサルティングがサブスク型間接材調達・購買改革サービスを提供開始

  2. PwCアドバイザリー、東京工業大学田町キャンパスの大規模再開発プロジェクトを支援

  3. PwCコンサル、中部国際空港を起点とした空港MaaSの実証実験を開始

  4. BCG、内田有希昌氏と秋池玲子氏(新任)の共同代表体制に

  5. デロイトが洋上風力発電の国内導入拡大に向け事業支援専門家チームを立上げ

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む