SHIFTとSAPが協業を発表

ソフトウェア品質保証のプロ集団 SHIFT が、SAPジャパンおよびSAP製品の導入・開発を担うパートナー企業との協業を発表

昨今、SAPジャパンが提供する「S/4HANA」の導入・移行の支援ニーズが高まる中、専門知識をもったSAP人材の不足が課題とされてきました。
そのためSAPは主要なパートナーとの協業を拡大。
今回の協業もその一環で、SHIFTはSAPプロジェクトで問題が頻発するデータ移行や、総合テスト、受け入れテスト領域およびプロジェクト全体をサポートするPMO領域を主に支援する役割を担うとのことです。
SHIFTでは以前よりSAP導入・移行と運用支援に特化した専門コンサルタントが活躍していますが、今後は更にその活躍の場が広がっていきそうです。
🔽詳細
https://www.shiftinc.jp/news/partnership-sap-japan-and-its-partners/

関連記事

おすすめコラム

  1. アクセンチュア インタラクティブ傘下のDroga5が東京オフィスを開設

  2. 経営共創基盤が日本共創プラットフォームを設立

  3. EYSCが書籍『カーボンZERO 気候変動経営』を出版

  4. パーソル総合研究所、ITエンジニアの就業意識に関する調査結果を発表

  5. イグニション・ポイントとソラーレホテルズがHOLLISを共同設立

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む