フューチャーがコロナウイルス等のワクチン開発へ無償協力

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をはじめとする新型ウイルス向けワクチンの世界的な研究開発を促進

AI技術の幅広い活用を推進するフューチャー株式会社は、エピトープ予測データセットとソースコードを国際的なデータ分析コンペティションサイト『kaggle』で無償公開したことを発表。
これは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をはじめとする新型ウイルス向けワクチンの世界的な研究開発を促進するもの。
エピトープとは、抗原(免疫反応を誘発する物質)の特定の構造単位のこと。
免疫化学を活用した抗体技術で用いられる要素で、エピトープの解析はワクチンの研究開発において重要な役割を担います。
今回のデータセット、ソースコード、論文の公開により、医学の知見を持たないAI研究者でも容易にワクチン開発用のデータにアクセスできるようになるとのことです。
🔽詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000406.000004374.html

関連記事

おすすめコラム

  1. とことん親身なサポートが転職成功を叶えてくれた。大手SIerから外資系総合ファームへ転職!

  2. SHIFTがサーベイジシステムを子会社化

  3. アクセンチュア、ジャパンハートと「Heart Stock」を開発・公開

  4. アビームコンサルティングが『Biz Athlete Workstyle 3.0』を推進

  5. PwCコンサルティング、千葉市と新型コロナワクチン接種に関する包括連携協定を締結

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む