PwCの営業総収益は前年度から3%増加し、430億米ドルに

中東・アフリカでは収益10%増、特に中東が好調で14%増を記録

PwC Japanグループの発表によると、2020年6月30日終了の会計年度におけるPwCグローバルネットワークの営業総収益は、前年度から現地通貨建てで3%、米ドル建てでは1.4%増加し、430億米ドルとなったとのこと。
中でも顕著だったのは中東・アフリカの業績で、収益は10%増、特に中東が好調で14%増を記録したとのことです。
全事業分野で収益が拡大したものの、一方でいずれの事業もコロナウイルスの感染拡大による経済的影響は避けられず、新会計年度に入り、全事業の市況は厳しいものとの予想です。
🔽詳細
https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/pwc-fy2020-global-revenues200901.html

関連記事

おすすめコラム

  1. 「コンサルのベンチャー」に転職する3つのメリット

  2. 【未経験者必読】経営企画からコンサルへの転職

  3. PwCコンサルティング、千葉市と新型コロナワクチン接種に関する包括連携協定を締結

  4. SHIFTがサーベイジシステムを子会社化

  5. NTTデータ経営研究所等が海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC)設立へ

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む