パーソル総合研究所、ITエンジニアの就業意識に関する調査結果を発表

ITエンジニアのキャリア不安1位は自分の技術やスキルの陳腐化で46.5%

パーソル総合研究所は、ITエンジニアの就業意識に関する調査結果を発表。

本調査は、ITエンジニアの人手不足が課題となる中、ITエンジニアのキャリア不安や年収、残業、入社理由、学習、勤務場所などの就業意識に関する定量的なデータや知見を提供し、企業経営や人事に資することを目的に実施されたもの。

パーソル総研によれば、ITエンジニアのキャリア不安1位は自分の技術やスキルの陳腐化で46.5%に上ったとのこと。また、ITエンジニアは年収が上がるほど定着しやすい傾向にあるようです。
希望年収と現年収に最も差がある職種はセキュリティエンジニアで、約182万円の差があるとの結果が出ています。

🔽調査結果概要
(1)ITエンジニアのキャリア不安ランキング
ITエンジニアのキャリア不安をランキング化すると、1位は自分の技術やスキルの陳腐化で46.5%、3位は新しい技術やスキルの習得で43.6%。
ITエンジニアはそれ以外の職種と比べて、技術やスキルに関する不安感が高いことが定量的に明らかに。企業としてはITエンジニアが技術やスキルを研鑽する機会を積極的に提供すべきと考えられるとのこと。

(2)ITエンジニアの年収
年収と転職意向の関係性をみると、ITエンジニアは年収が高いほど定着しやすい傾向に。一方で希望年収と現年収にギャップが多いITエンジニアも多く、給与に関して不満を抱えている可能性があるとのこと。
中でも、希望年収と現年収に最も差がある職種はセキュリティエンジニアであり、181.7万円ものギャップがあるようです。また、プログラミング言語別に希望年収と現年収をみると、最も差が生じたのはTypeScriptで、226.6万円ものギャップがあるとのこと。

(3)ITエンジニアの残業
ITエンジニア全体の月平均の残業時間は18.2時間。
職種別にみると「IoTエンジニア」「ネットワークエンジニア」「インフラエンジニア」の順で、残業時間が長い。
役割別にみると「プロジェクトマネージャー」「プロダクトマネージャー」といった調整機能を担う場合に長時間労働となる傾向が見られたとのこと。

(4)ITエンジニアの入社理由ランキング
ITエンジニアの入社理由ランキング1位は安定して働ける環境で53.8%。2位は成長できる環境で40.4%、3位は技術を伸ばせる環境で38.3%。
ITエンジニアの成長志向が強い傾向が明らかに。

(5)ITエンジニアの学習
ITエンジニアとそれ以外の職種の学習実施率で大きく差が開いたのが「資格取得のための学習」で11.1%の差。
「通信教育、eラーニング」は5.1%の差。ITエンジニアの副業が語られることが多いが、「副業・兼業」で差は見られなかったとのこと。

(6)ITエンジニアの勤務場所
調査期間の2020年9月には、ITエンジニアが在宅勤務している割合は38.1%、ITエンジニア以外の職種が在宅勤務している割合は24.1%。
ITエンジニアは在宅勤務で働きやすいことが定量的に明らかに。

出所:「パーソル総合研究所」

🔽プレスリリース
パーソル総合研究所、ITエンジニアの就業意識に関する調査結果を発表 ITエンジニアのキャリア不安1位は自分の技術やスキルの陳腐化で46.5%

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. 選考期間1年!諦めない心で拓けた戦略ファームへの道未経験から外資系戦略ファームへ転職!

  2. プロレド・パートナーズが書籍『成果報酬型セールスマネジメント』を発売

  3. アクセンチュア インタラクティブ傘下のDroga5が東京オフィスを開設

  4. デロイト トーマツ グループとコンカーがファイナンス領域DX推進で協業開始

  5. デロイト トーマツ グループがCEO直轄の「Digital Governmentイニシアチブ」を発足

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む