デロイト トーマツが「Tech Trends 2021 日本版」を発行

基幹システムやSCMのビジネス戦略に合わせたアライン、AIや機械学習などの労働力へのシフト、従業員・顧客への新たなエクスペリエンスの提供など、ビジネスに影響を及ぼすテクノロジーを解説

デロイト トーマツ グループは、「Tech Trends 2021 日本版」を発行したことを発表。

これは、デロイト グローバルがビジネスに関わるテクノロジー領域の最新動向や分析をまとめたレポートをもとに、日本独自の視点を加えたレポートです。

グローバル版では12回目、日本版では7回目の発行となる本レポートでは、今後1年半から2年間にわたり、企業や組織に影響を及ぼす新たなテクノロジートレンドについて、デロイトの見解が紹介されています。

COVID-19による影響が続く中、本年はテーマを「レジリエンス」(回復力)とし、社会環境の変化で浮き彫りになったビジネス継続の難しさへの対応や、新たな働き方の模索に対するヒントが含まれているとのこと。

2021年の「Tech Trends」は、下記9つの章で構成されています。

🔽「Tech Trends 2021 日本版」が取り上げる9つのテーマと日本の動向
トレンド1 新たな戦略への舵取り
トレンド2 コアの再生
トレンド3 サプライチェーンの寸断
トレンド4 MLOps:AIの工業的活用
トレンド5 マシンデータ革命:データが機械を巡る
トレンド6 ゼロトラスト:決して信頼せず、常に検証する
トレンド7 デジタルワークプレイスの再起動
トレンド8 70億人のオーダーメイド:デジタルとフィジカルの融合
トレンド9 DEIテクノロジー:エクイティのためのツール

「新たな戦略へのかじ取り」、「コアの再生」、「サプライチェーンの寸断」の3章では、すべての企業はビジネス展開の主軸にITを活用したテクノロジーカンパニーへ進化していくという考えを前提に、ビジネス成長や新規事業創出などにおいて企業の基幹システムやSCMなどをいかにビジネス戦略にアラインさせていくか、という論点になっています。

「MLOps(機械学習基盤):AIの工業的活用」、「マシンデータ革命:データが機械を巡る」、「ゼロトラスト: 決して信頼せず、常に検証する」の3章では、企業全体で徐々に活用範囲が拡大しているAIや機械学習を更に多くの業務に取り入れることで、これまでのヒトによる労働力に加え、新たな労働力としてテクノロジーを活用していく事例が挙げられています。

これは、日本における労働人口の減少やIT 要員の高齢化などに対する解決策の一つとして参考となるとデロイトトーマツは述べています。

「デジタルワークプレイスの再起動」、「70億人のオーダーメイド:デジタルとフィジカルの融合」の2章では、デジタルとリアルの境界線が曖昧になる中、顧客、従業員などのステークホルダーに対し、データ活用したパフォーマンスやエクスペリエンスの最大化などが取り上げられています。

また、近年エシックスがビジネスパフォーマンスに直結することが認識されており、「DEI(DEI:Diversity, Equity, Inclusion)テクノロジー:エクイティのためのツール」の章では、企業の多様性、公平性、インクルージョンへの取り組みにおいて、テクノロジーを活用した従業員との関係性構築について考察されています。

詳細は以下リンク先より、レポートPDFをダウンロードいただけます。

🔽レポート全文PDFはこちらから
Tech Trends 2021 日本版

🔽プレスリリース
デロイト トーマツ、「Tech Trends 2021 日本版」を発行

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. エグゼクティブ転職の基礎知識

  2. 所信表明ー社長ブログを始めましたー

  3. アビームコンサルティングがサブスク型間接材調達・購買改革サービスを提供開始

  4. PwCコンサルティングとサイバーエージェントが「DX Drive Japan」 を設立

  5. デロイトが洋上風力発電の国内導入拡大に向け事業支援専門家チームを立上げ

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む