フューチャーが損保ジャパンにサイバーセキュリティサービス「FutureVuls」を導入

損保ジャパンのオープンテクノロジーをベースとした新基幹システムを対象に、サイバー攻撃からシステムを防衛

フューチャー株式会社は、損害保険ジャパン株式会社(損保ジャパン)が開発・構築を進めている新基幹システムを対象に、サイバー攻撃からシステムを守るセキュリティサービス「FutureVuls」の導入を開始したことを発表。

🔽損保ジャパンの「未来革新プロジェクト」

損保ジャパンでは、2015年4月より、業務プロセスの抜本的な改革と基幹システムの全面刷新プロジェクトである「未来革新プロジェクト」を推進してきました。

同プロジェクトは、これからの時代にふさわしく、顧客にとってより付加価値の高い損害保険商品サービスを提供し、業界トップレベルの事業効率・収益性を実現することを目的としています。

損保ジャパンの基幹システムは1980年代に作られ、改修を重ねて複雑化・肥大化していたとのこと。

未来革新プロジェクトでは同システムを刷新し、「SOMPO-MIRAI」と名付けられた新基幹システムを導入。

オープン技術を活用するもので、国内の主要な金融機関に先駆けた業界初の試みとのことです。

🔽「FutureVuls」の導入について

サーバ数で1,000を超える規模の新基幹システムの運用管理ツールには、損保ジャパンが実機検証も踏まえて評価した結果、フューチャーが提供する「FutureVuls」が選定されたとのこと。

「FutureVuls」は、年間に数万件公開される脆弱性情報から該当するものだけを全自動で抽出し、対応要否の判断をサポート。

それにより損保ジャパンは新基幹システム稼働後の大規模サーバ群のセキュリティ水準を高く保ちながら、運用管理業務の負荷を大幅に軽減することが可能に。

フューチャーは、損保ジャパン新基幹システムの安定稼働に寄与すべく、「FutureVuls」のさらなる改良を進め、安心・安全なシステム運用を支援していくとのことです。

また、顧客のニーズに応えて「FutureVuls」のサービスを拡充するとともに、様々なエンタープライズの顧客向けに統合的なセキュリティコンサルティングサービスを提供していくとのコメントを発表しています。

🔽損保ジャパン導入事例についてのインタビュー
https://vuls.biz/sompo.html

🔽プレスリリース
損保ジャパンのオープンテクノロジーをベースとした新基幹システムを対象にサイバー攻撃からシステムを守るセキュリティサービス「FutureVuls」を導入

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. アクセンチュア、「プロジェクト・スポットライト」を始動

  2. 成功の秘訣は、エージェントとのシナジー。ITベンダーから外資系総合コンサルファームへ転職

  3. 徹底した対策で、念願のBCGへ転職大成功!

  4. PwCコンサルティングとサイバーエージェントが「DX Drive Japan」 を設立

  5. どこよりもきめ細やかなサポートで希望の働き方を実現!SIer⇒大手IT企業コンサル部門へ転職

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む