定年後のために。経験を活かした50代のキャリアチェンジ!大手SIerからITコンサルタントへ転職!

Nさん 54歳(男性)有名国立大学

大手SIer⇒東証一部上場IT企業・ITコンサル部門・ビジネスユニット長候補

転職活動のきっかけ

私が転職を決意したきっかけは、定年まで5年間の自分のキャリアが今の延長線上で良いのか迷ったことから始まりました。

私は新規システムの提案・ソリューションデザインを志望していましたが、直近10年は大規模なシステム構築プロジェクトの実行フェーズ及び本稼働後保守のマネジメントを担当しており、志望する業務とは異なっていました。

正直、このまま今の担当を続けて退職することは容易でした。

しかし、会社は私にライン管理職になることを求めており、残りの5年では十分な昇進は難しいと予想され、ライン管理職に就く魅力を感じませんでした。

また、定年後の雇用条件を会社に確認しましたが、「業績あるライン管理職のみが雇用延長対象で、報酬は下がる」という回答で、魅力を感じる条件ではありませんでした。

そこで、残り5年の期間を自分が満足する使い方をしようと、今までの経験を活かして自分の志望する仕事に就こうと決心しました。

エージェントとしてフォルトナを選んだ理由

他のエージェントと比べ、山岡様は熱心に私の話を聞いてくれ、キャリアだけでなく私の家族のことを含めて、人生プランを考えてくれたのが印象に残り、フォルトナ様にお世話になろうと思いました。

実際の転職活動について

ITコンサルタントを軸に募集を探しました。三社目でフォルトナ様の紹介にエントリーして転職に成功しました。 

一社目は面接の手ごたえはよかったのですが、契約条件で折り合わずお断りのご連絡を頂きました。二社目は面接において現場責任者との会話で違和感があり、結果としてもお見送りでした。

二社目までのエージェント様はエントリー手配のみで、メールでアドバイスを連携されただけでした。

それに対してフォルトナ様は、進捗タイミングに合わせて常にコンタクトを取っていただけました。面接前には模擬面談を実施いただき、大変有益なアドバイスを頂きました。 

面接におけるトークのレベルアップまでサポート頂いたからこそ、今日の結果があると考えています。

これから転職活動をされる方へのメッセージ

面接でのポイントですが、全ての事項を簡潔に正確に噓無く伝える点を意識すると良いと思います。

フォルトナ様と事前に模擬面談を行って「自己紹介は主要な事項を選んで短く話す」「事前に経歴書を渡した相手だから、自己紹介で経歴については敢えて学歴と現職だけ話して経歴について質問しやすい隙間を作る」「人間が聞いて記憶に残るのはせいぜい2分」というアドバイスをもらいました。

これらのアドバイスは、私にとって目から鱗でした。リモートでの面接が中心だったこともあり、音声で行う対人コミュニケーションで大量の情報を一方的に伝えるのは得策ではないと気づきました。
キャッチボールしながら準備した情報を伝えればよいということですね。

メールや書類に基づいた文字ベースコミュニケーションの比率が増加し、会話のコミュニケーションがいつの間にか疎かになっていた自分に気づきました。

面接は、基本的に文字での情報共有を行わないコミュニケーションです。相手の意図を汲みながら会話が弾む時間にできれば、自ずと結果もついてくると思います。

フォルトナに伝えたい本音トーク

フォルトナ様からお話を頂く前にコンタクトしたエージェント様の提案求人の中に、今回転職を決めた企業が記載されていました。 

その時点でも気になる会社ではありましたが、当時は魅力を感じることはありませんでした(因みにこのエージェント会社は、この後はレスポンスがありませんでした)。

フォルトナ山岡様にメッセージを頂いて会話した際の熱意・誠意を感じて、私も同社に魅力を感じましたし、実際に面接を経て、この想いは強くなりました。

定年までの5年間の活動で、60歳以降の活路を開きたいという想いを叶えることができる会社に出会うことができました。

エージェント様の出会いが転職活動で大きな要素としみじみ思っております。

弊社エグゼクティブコンサルタントの山岡が担当した転職支援です。

山岡が担当した直近の転職支援事例
■20代(男性)大手SIer⇒外資系総合ファーム・シニアコンサルタント
■40代(男性)東証一部上場の事業会社・経理(課長)⇒大手インフラグループ・業務改善(課長)

ハイクラス転職・コンサル転職ならフォルトナ


あなたの人生に、最高のクオリティを。
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. PwCがAI/VRを活用した新しい不動産仲介プラットフォーム「Virtual Vintage Residence Lab」を開発

  2. 40代を見据えた成長戦略としてのコンサル転職 事業会社システム部⇒ITファームへ転職!

  3. 「コンサルのベンチャー」に転職する3つのメリット

  4. コンサルタントへの転職に学歴は必要?学歴フィルターを突破する3つの方法も紹介

  5. PwCコンサルティング、プロダンスチーム「Benefit one MONOLIZ」と協賛契約を締結

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む