戦略コンサルタントとは?仕事内容や向いている人の特徴を解説【未経験者必読】

コンサルタントの中でも注目を浴びることが多い「戦略コンサルタント(戦略コンサル)」とは何か、どのような仕事内容なのかについて解説します。

また、戦略コンサルに向いているタイプについても紹介しますので、特に未経験から戦略コンサルへの転職を検討する際にぜひ参考にしてみてください。

 

戦略コンサルタントとは?

コンサルタントは、企業が抱える問題点を明らかにし、具体的な解決に導く役割を担う仕事です。

例えば、ITにおける問題に対応するコンサルタントは「ITコンサルタント」、財務に関する問題に対応するは「財務コンサルタント」と呼び分けることもあります。

その中で、企業の運営やマネジメントに関する戦略を扱うコンサルタントが「戦略コンサルタント」です。

戦略コンサルタントは、利益増大や認知度拡大など、クライアント企業が抱える課題や問題を分析し、改善のための戦略を提示するだけでなく、戦略を実行するための具体的なアクションプランまでを的確に伝えます。

 

コンサルティングファームの中でも花形部署

企業運営にとっては、ITや税務も無視できない重要な問題です。

しかし、経営戦略によって企業運営の方向性が決まるため、戦略の策定は最も重要なテーマと言えます。

そのため、戦略コンサルにはコンサルタントの中でも優れた問題解決能力と実績が求められます。

コンサルティングファームの中でも花形部署といえるでしょう。

また、経営戦略を実際に実行し、成功に導くためには、戦略に連動する財務や法務、ITなどに対する幅広い理解が必要です。

つまり、戦略コンサルには、戦略に特化した知見やスキルだけでなく、経営全般にわたる総合的な知見・スキルが求められているのです。

 

コンサル未経験者も挑戦可能

戦略コンサルには、高い問題解決力、経営戦略に対する深い知見、鋭い洞察力、周囲を巻き込む実行力などが求められます。

そのため、戦略コンサルティングファームでは、コンサル経験者だけでなく、実際に事業会社で経営機能に携わり、問題を解決してきた人物を求めています。

狭き門ではありますが中途採用のボリュームも一定数あり、コンサル未経験者にも十分なチャンスがあると言えます。

【未経験者向け】コンサルに受かるための転職理由とは?作成方法やポイントを解説

 

戦略コンサルのプロジェクト事例や求人情報

本サイトでは、戦略コンサルのプロジェクト事例や、求人情報をご紹介しています。

戦略ファームへの転職にご関心のある方は、ぜひこちらも参考にして頂き、どんな業務内容・募集要件なのかをチェックいただければ幸いです。

【特集】戦略コンサルのプロジェクト事例を知る

戦略コンサルの求人情報を探す

また、戦略コンサルの選考では、必ずと言ってよいほどケース面接が行われます。

下記コラムでもケース面接対策についてはご紹介していますが、ケース面接では事前準備が非常に大切です。

【合格者続出】ケース面接を突破しコンサル転職を実現するための対策方法

本気でケース面接の対策を行いたいという方は、戦略ファームへの支援実績が豊富な弊社コンサルタントにぜひお気軽にご相談ください。

ケース面接対策を相談する

 

戦略コンサルタントの仕事内容

戦略コンサルは具体的にはどのような仕事を行うのでしょうか。戦略コンサルの仕事内容を簡単にご紹介します。

 

企業の状況を分析する

企業の状況を詳しく分析することで、クライアントが自覚している問題だけでなく、自覚していない問題も明らかにしていきます。

企業が置かれた状況や他企業との関係、企業が持つ強みや優位性などを深くかつ正確に把握し分析することは、効果的な戦略の提案に不可欠な要素です。

 

経営戦略・事業戦略の仮説を立てて検証する

詳細かつ正確な状況分析をベースとして、経営戦略や事業戦略のプランを立てていきます。

ただし、プランをいきなり実行するのは費用面・時間面でもリスクが高いので、まずは仮説を立てて検証することが一般的です。

 

経営戦略・事業戦略を提案する

検証により有意と判断した経営戦略・事業戦略プランをクライアントに提案します。

プランを実行することでどのような効果を得られるのか、また、どのように実施していけるのかについて具体的かつ詳細に説明するだけでなく、クライアントが実行できるようにサポートする過程までが戦略コンサルの担当です。

 

戦略コンサルタントに向いている人の6つの特徴

戦略コンサルとして活躍するためには、コンサルティングのスキルや企業経営の深い知識、実践から得た知恵が求められます。

そもそも戦略コンサルに転職を成功し、長く活躍をつづけるためには、自身の適性や性格が戦略コンサルに向いていることも必要です。

一般的に言えば、戦略コンサルに合格するのは高い「熱意と職業理解度」を持ち、卓越した「リーダーシップ/コミュニケーション」を発揮できて、なおかつ「地頭とユニークさ」を兼ね備えている人物と言えます。

コンサルファームに合格する人の特徴とは?

ここでは、もう少し具体的に、戦略コンサルに適している人にはどのような特徴があるのか解説します。

 

1.熱意をもって最後までやり遂げる根気がある

戦略コンサルが担当する業務は多岐にわたり、一つひとつに膨大な労力がかかります。

例えばクライアントの問題を探るという一点だけに注目しても、社内で扱われている業務を部署ごとに調べ、実務内容や問題点を洗い出し、ExcelやPowerPointなどにまとめて可視化することが含まれるでしょう。

特に戦略コンサルのプロジェクトは期間が比較的短いものが多く、時間との闘いであるケースも少なくありません。

必然的にプレッシャーは高まりますが、作業量の多さに音を上げたり、途中で作業が適当になったりすることは論外です。

細部に至るまで熱意を持って「実行可能で効果を産む優れた戦略を提案する」ところまで行きつかなくてはなりません。

忙しくても手を抜かない几帳面さと仕事に対する熱意、そして最後までやり遂げる根気を持っている方が、戦略コンサルに向いているといえるでしょう。

 

2.クライアントの気持ちをくみ取る能力がある

コンサルティング業務とは、クライアントの悩みや抱えている問題を解決するための提案を行うことです。

クライアントが言葉足らずになっていたり、自分自身の悩みを正確に把握していなかったりすることも当然あります。

例えばクライアントが「新商品が売れない」という悩みを吐露してくれたとしましょう。

コンサルタントは商品の売上増につながる宣伝戦略や商品改善策などを提案することができます。

しかし、コンサルタントの提案により新商品の売上が伸びたとしても、クライアントは100%の満足を得られないかもしれません。

言葉では「新商品が売れない」ということを悩みとして伝えていても、心の奥底では「新商品が売れることで企業の知名度を上げたい」「新商品の人気が高まることで、他の商品の売上も伸びて欲しい」と期待している可能性があるからです。

このようにクライアントが意図している事柄の本質を理解し、声にならないニーズを正確に察知することが満足度の向上につながります。

つまり、戦略コンサルにはクライアントの気持ちをくみ取る能力が求められているといえるでしょう。

 

3.タイムリーなコミュニケーションが取れる

そもそもクライアントの本当の悩みを知るためには、クライアントとの親密な関係性が築けていなければなりません。

タイムリーなコミュニケーションをとることで、クライアントからの信頼を勝ち取る必要があると言えます。

クライアントとタイムリーにコミュニケーションを取ることは、安心感につながるだけでなく、提案に対する満足度を高めることにもつながります。

必要なときはもちろんのこと、特に至急の用事がないときでも何気ないコミュニケーションを取るマメさも戦略コンサルに求められているのです。

 

4.論理的な思考を組み立てることができる

戦略コンサルのプロジェクトは時間も限られており、必要なデータをすべて調べ上げる時間はありません。

そのため、解決策の構築に当たっては、一定の仮説に基づいたリサーチが必要と言えます。

また、優れた提案は、論理的かつ合理的な思考に裏付けられている必要があります。

実際には優れた提案であっても、クライアントがしっかりと理解できるような論理的な説明を構築できなければ、提案そのものが受け入れられない可能性もあります。

限られた時間の中で実践可能なプランを構築するためにも、そして、クライアントが納得できる提案を行うためにも、仮説思考と論理的思考は不可欠です。

 

5.分かりやすくプレゼンテーションできる

戦略コンサルでは、若手のうちは資料作成やリサーチに割く時間が多いものの、マネージャーやパートナークラスになるにつれ、クライアントと折衝する時間が多くなります。

特にパートナークラスはプロジェクト受注に責任を負っているケースがほとんどで、クライアントへの提案力が必須のスキルとなります。

戦略コンサルとして長く活躍することを目指すならば、わかりやすくプレゼンテーションするスキルや営業力も必要となると言えます。

コンサルの職位の違いについて知る

 

6.考え続ける、学び続ける

戦略コンサルの仕事は、非常に「知的な体力」を使う仕事です。

クライアントが抱える問題は、まだ世の中の誰もが解決したことない問題かもしれませんし、既に誰かが解決済みで明確な解法がある問題かもしれません。

いずれにせよ、戦略コンサルのクライアントは日本を代表する大手企業であるケースが多く、その経営陣をもってしても解決できない問題に対峙することになります。

そのため戦略コンサルタントには、古今東西の知見を学び続ける姿勢はもちろん、答えのない問いに対して考え続けられる知的体力が求められます。

プロフェッショナルとして高い成果を出すために、終業後はもちろん、休みの日にも考え続けることや、学び続けることが苦にならない人が向いていると言えるでしょう。

 

適性を考えてから転職活動を

満足度の高い転職を行うためにも、ご自身の適性に合う職種を見つけることが大切です。

紹介した適性に合致するようであれば、戦略コンサルとしてのキャリアも検討してみてはいかがでしょうか。

戦略コンサルへの転職に対して不安を抱いている方は、ぜひ弊社のエグゼクティブコンサルタントにご相談ください。

戦略ファームの選考を知り尽くしたプロフェッショナルが、納得できる転職活動のお手伝いをいたします。

支援実績

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. コンサル転職のためにMBAを取得する意味はない?

  2. 【未経験者必見!】コンサルタントに受かるための転職理由とは?志望動機の作成方法やポイントを解説【例文付き】

  3. 33歳、未経験からのコンサル転職。大手メーカー⇒総合ファームに転職成功!

  4. あなたが影響を与えた人が、あなたの家族や大切な人を救う

  5. アクセンチュアと資生堂が合弁会社「資生堂インタラクティブビューティー」を設立

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む