コンサル転職でおすすめのエージェントの特徴とは?

コンサルティングファームへの転職を行う際、プロセスとしては大きく分けると3つ種類があります。
1つ目は、転職サイトや企業HPを通じて直接応募する方法。2つ目は知人などの紹介を通じた「リファラル」で応募する方法。3つ目は、転職エージェントを使う方法です。

今回の記事では、転職エージェントを使う方法についてフォーカスをします。

コンサル転職は非常に狭き門。コンサル転職を知り尽くしたエージェントは、内定を勝ち取るための心強いパートナーとなることでしょう。

そこで今回は、コンサル転職において「おすすめのエージェント」の特徴について紹介していきたいと思います。

①キャリア設計に合った求人を選んで紹介してくれる

コンサル転職でおすすめのエージェントは、貴方にあった求人をしっかりと選んで紹介してくれます。

業界の外から見ると分かりにくい側面もありますが、コンサルファーム個社ごと、あるいはユニットごとに得られる経験が変わってきます。

そのため、十把一絡げにコンサルファームを受けるのではなく、各社ごと・ユニットごとの特徴を把握した上で、ご自身のキャリア戦略に合致したファームを受ける必要があります。

コンサル転職に強いエージェントは、「コンサルファームへの理解力」と「キャリア設計力」のいずれも持ち合わせているのが特徴です。

②決裁者であるパートナーや採用責任者クラスとのパイプがある

コンサルティングファームへの転職では、「誰が」「誰に」推薦するのかによって、募集ポジションや選考プロセスが変わります。

そのため、あるエージェント経由では不合格となった方が、違うエージェントでは内定するというケースも珍しくありません。

また、コンサルファームにおいてどんな人物を採用するのか最終的な決裁権限を持つのはパートナーや人事責任者となります。

そのため、一般的な応募ルートだと書類NGだったが、パートナーへの直接打診でOKになったというパターンも存在します。

優秀なエージェントは、そのようなルートでの打診や相談が可能な関係性をファームと構築しています。

そのようなエージェントはクライアント企業の戦略についてもしっかり理解していることが多いので、採用戦略上のアドバイスをして、新しいポジションを創設してもらうこともあります。

また、「幹部案件」や「チーム採用」などの特別案件、特別な1日選考会などの柔軟な紹介ルートを持っていることも多いです。

③各社の選考回数を踏まえたスケジュール調整をしてくれる

転職活動は足並みが非常に重要です。各企業の志望度と選考回数を考慮したスケジュールを組んでいく必要があります。

ほとんどのコンサルファームでは、オファーレター(内定通知書)の発行から1週間が回答期限です。

よって、複数の企業を受ける場合、各社の選考回数を把握しておく必要があります。

例えばA社は今週1次面接だが、B社は先週最終面接を終え、内定が出ていたとします。

A社の方が志望度は高いが、受かるかどうかは未知数。加えてB社の志望度も低くはない。

こんな状況になってしまうと、多くの場合先にオファーが出ているB社の回答期限に間に合わず、A社を十分検討せずにB社を選ぶか、B社を辞退するか、となってしまいます。

エージェントを使うメリットの一つに、面接日程調整等の手続きを代行してくれる、というものがあります。

コンサル転職でおすすめのエージェントは、このような各ファームの選考回数を把握したうえで、しっかりと比較検討が出来るようスケジュールを組んでくれます。

ちなみに、いくつかのエージェントを使うと、このスケジュール設計が複雑化してしまい、折角エージェントを使っているメリットが薄れてしまいます。

相談の段階では複数のエージェントの話を聞く方が良いですが、実際に選考を進めていく場合には、このようなスケジュール調整のできるエージェントに一元化した方がメリットが大きいでしょう。

④転職希望先企業に応じて、応募書類のアドバイスをくれる

コンサルファームの書類選考を知り尽くした転職エージェントは、レジュメに目を通せば「受かりやすいのかどうか」を判断できます。

それは、コンサルファームが必要としている経験を理解しており、どういう側面を訴求するべきなのか?を知っているということです。

「○○会社に務めてきた」というシンプルな事実は修正が出来ません。

しかし、「○○会社で△△という経験をしてきた」という内容は、どのような点を訴求するかによって企業側の受け取り方が変わってきます。

応募書類の添削については、第三者の目を通して見てもらうだけで、文章の構成や内容は大きく改善することもあります。

しかも添削を何百人もの応募書類を実際に見てきた上で、合格した人、落ちた人の違いまでを理解しているプロフェッショナルが実施するわけですから、その効果は非常に大きいと言えるでしょう。

⑤ケース面接含め、過去の傾向に応じた面接のアドバイスをしてくれる

一定程度の論理性やビジネスセンスを判断する方法として、戦略コンサルをはじめ、ITコンサルなどでもコンサル未経験者に対してケース面接を課すことが増えてきています。

よって、戦略ファームを受ける場合は当然のこと、コンサル業界を目指すうえでケース面接に対応できることは必須となってきています。

そのため、「ケース面接にどのように対応すれば良いのか」を知っているエージェントとタッグを組むことが必要です。

「コーチ」と「プレイヤー」の違いと言えますが、ケース面接を解くのは貴方自身なので、必ずしもエージェントがコンサル出身者である必要はありません。

むしろ、どうやってケース面接を攻略すべきなのか?という知見・ナレッジを集積し、それを分かりやすく伝えてくれる「コーチ」のようなエージェントを利用するべきでしょう。

そのようなエージェントは各ファームの面接の特徴を把握しており、過去の傾向および最新の動向を踏まえたアドバイスをしてくれるでしょう。

⑥退職交渉、入社時~入社後のフォローをしてくれる

コンサル転職に強いエージェントは、スムーズな退職交渉からコンサルファームでの立ち上がりもフォローしてくれます。

特に初めての転職であれば、退職交渉は心細いもの。優秀なエージェントであれば、どうやって上司に伝えるべきなのか、どんなスケジュール感で進めるべきなのか、といったことにまでアドバイスをくれます。

また、特に未経験でコンサルファームに入る場合には、入念な事前準備が欠かせません。入社前に準備しておくべきことのアドバイスや、入社後の定期的なフォローも行ってくれます。

⑦ポストコンサルのキャリアを踏まえた提案をしてくれる

コンサル経験者であるポストコンサルには非常に多くの選択肢があります。

他のコンサルファームに移る「コンサルtoコンサル転職」をはじめ、大手企業やスタートアップなどへの事業会社転職、投資銀行・ファンドへの転職、起業など、様々なキャリアルートが存在します。

コンサル転職を成功させるには、コンサルファームへの転職に強いだけでなく、その後のキャリアを踏まえた「ポストコンサル転職」への知見を持つ必要があります。

①の『キャリア設計に合った求人を選んで紹介してくれる』でお話ししたように、「キャリア設計力」はコンサル転職に強いエージェントの特徴ですが、それはポストコンサルキャリアも熟知していることを意味します。

このようなエージェントとは、中長期的な関係性を築くことが出来るでしょう。

最後に

コンサル転職でおすすめのエージェントの特徴を解説してきました。

コンサル転職に強いエージェントは、求人紹介・キャリア設計から選考時、そして退職から入社後においても手厚いフォローをしてくれます。

それは、コンサル転職のプロセスを知り尽くしているからこそ出来る技です。

狭き門であるコンサル業界であるからこそ、腕のあるエージェントをしっかり活用して、準備万全で望むことが大切です。

ハイクラス転職・コンサル転職ならフォルトナ


あなたの人生に、最高のクオリティを。
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

1分で完了!無料登録・転職相談

関連記事

転職支援・ご相談はこちら