応募書類対策~コンサル転職を成功させる書類の作り方とは?~

コンサル転職における最初の関門である書類選考を突破する「履歴書」「職務経歴書」はどう作れば良いのでしょうか?
また、選考の過程で応募書類のどんな点が見られているのでしょうか?

本コラムを読み進めて頂ければ、それらの疑問に対する回答が分かります。

・具体的な応募書類の作り方が分かる
・コンサルファームの書類選考で見られているポイントが分かる

実際に、今回ご紹介する方法論を用いた書類を使うことで、多くの方が難関コンサルファームの書類選考を通過してきました。本コラムでお伝えする方法を用いて書類を作り直したところ、中には書類選考で連続NGだった方がとたんに合格続出に変わった事例もあります。

本記事では、コンサルファームの書類選考を突破するための、書類作成のコツをお伝えしています。

また、場合によっては必要になる「志望動機書」の書き方についても説明しています。

すべて読み終えて頂いたときには、すぐに具体的な書類作成に着手できるはずです。

※本ページでは、「履歴書」と「職務経歴書」のサンプルがダウンロード頂けます。

【履歴書の書き方】減点を避ける!

作成上のポイント

履歴書は加点を狙うというよりも、減点を避け、ありのままを伝えることが大切です。

  • 誤字脱字
  • 職務経歴書との年月ずれ
  • 経歴詐称

コンサル転職には限りませんが、上記の要素があるとドキュメント作成能力や注意力を疑われ、減点要素になったりしますので、細心の注意が必要です。

構成

  • JIS規格のフォーマット(Word or Excel)を活用します。
  • PCで作成するのが基本です。

※手書きの指定がある企業は手書きで記載します。
しかし、コンサルティング業界への転職において、手書きの履歴書作成を求められることはほとんどありません。

履歴書のサンプルダウンロードはこちらから

内容

  • 学部/学科まで記載します。
  • 海外留学等、理由のある「休学」や「留年」は、理由を明記します。
  • TOEICは600点以上の場合のみ書きます。特に外資系のコンサルファームを受ける際は、少なくとも800点以上は取得しておきたいところです。
  • 資格は、現職の仕事や、コンサルの仕事に活かせるもの、関連するものに絞って記載します。普通自動車免許やカラーコーディネーターなど、コンサルタントへの転職に関連無いものはあえて記載しません。

※ただし、コンサル転職には関係ないものの、珍しい資格や経歴をお持ちで、面接で盛り上がる話のネタになるのであれば、あえて書くのはありです。このあたりのさじ加減は難しいかと思いますので、しっかりと書類作成のアドバイスをくれたり、添削してくれるエージェントの意見を聞くのが良いでしょう。

注意点

注意① 各職歴の入社/退職年月、資格取得年月など、職務経歴書とのずれがないことに細心の注意を払ってください。

注意② 経歴詐称は絶対にNGです。社数を少なく見せるために、短い職歴や、派遣社員としての経歴を記載しないケースがありますが、これは詐称となってしまいます。

注意③ 戦略系など、一部のコンサルファームでは高校の偏差値まで見られることもあります。

【職務経歴書の書き方】問題解決力をアピールし、加点を狙う!

作成上のポイント

職務経歴書は、「加点を狙う」書類になります。
履歴書はありのままを記載するものでしたが、職務経歴書ではいかに自分の経験をブランディングできるかが勝負になります。
ただし、それは虚偽を記載したり、事実を誇張したりするということではありません
あくまでも、見せる側面を工夫する、ということです。
コンサル転職における職務経歴書の作成で重要なのは、「問題解決力・課題解決力」をアピールするという点です。
それは、コンサルタントとして求められる素養のうち、問題解決力が非常に重要だからです。

【関連記事】コンサルタントに求められる素養について

構成

  • 2~3枚程度が理想です。枚数が増える場合は、サマリーによる強弱と見易さを特に重視します。
  • 冒頭に【職務概要(サマリー)】、次いで【得意分野/スキル】、そして【職務内容詳細】を書きます。

※構成については様々な意見があり、これが絶対に正解、というものはありません。いずれにせよ、ご自身の強み・アピールポイントが明確に伝わるような文章構成にすることがゴールになります。

職務経歴書のサンプルダウンロードはこちらから

内容

冒頭のサマリー・概要が最も重要
コンサルファームにおける面接官は忙しいため、面接直前に職務概要だけを見て面接に来ることも珍しくありません。【サマリー】【得意分野/スキル】だけで合否のイメージが印象付けられてしまうこともあります。

極力、数字(定量的に)で表現
例えば「トップクラスの実績」という抽象的表現であれば、「上位5%の実績」「社内で唯一3年連続予算120%達成」というように定量化します。

【職務内容詳細】では、前述の得意分野/スキルを裏付けるエピソードを詳細に
自身の貢献がわかるように、自分自身がその仕事に関わる前にはどんな状態だったのかという背景説明を含めたBefore(課題背景、目標)と、自分自身が関わったことによって得た成果であるAfter(結果、成果)と合わせて、自身の貢献をわかりやすく説明しましょう。※下記図「課題解決」参照

注意点

注意① 履歴書同様、誤字、脱字には細心の注意を払いましょう。

注意② コンサル転職では文章力の高さもチェックされますので、推敲を重ねることが重要です。一度だけ書いて、良い職務経歴書が出来上がることはまずありません。

注意③ 稚拙な表現は避け、知的な表現/言葉を使うことが重要です。

※コンサルファームによっては、下記のような足切りポイントが存在する可能性があります。詳細については、弊社エグゼクティブコンサルタントまでお問い合わせください。

【戦略系コンサルファーム】基本的には「学歴」「職歴」が足切りの際のポイントとなります。
【総合系コンサルファーム】当該部門の業務経験に加え、IT経験、プロジェクトマネジメント経験等の最低要件が足切りポイントとなります。

【関連記事】 コンサルファームの足切り基準について

 弊社コンサルタントに足切り基準について相談する 

転職支援・ご相談はこちら