デロイトがスマート東京の実現に向けた先行実施エリアプロジェクトを支援

スマート東京(東京版Society5.0)の実現に向けた先行実施エリアプロジェクトを支援

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は、東京都からの受託事業「スマート東京(東京版Society5.0)の実現に向けた先行実施エリアプロジェクト」を支援していることを発表。
同プロジェクトでは、東京都がデータ、最先端企業の集積等において競争力を有するエリアを区域指定。
先行実施エリアとして、「大手町・丸の内・有楽町エリア」、「竹芝エリア」、「豊洲エリア」が本日公表されています。
これらのエリアで収集されたデータを活用し、都市OSの構築を目指した取り組みを3カ年にわたり行っていく中で、DTCは伴走者として、事業の成功に向けたアドバイス提供を行うとのことです。
🔽詳細
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20200717.html

関連記事

おすすめコラム

  1. 家族のために家を手放すという選択肢

  2. フロンティア・マネジメントが広島銀行・ひろぎんキャピタルパートナーズと業務提携

  3. フューチャーアーキテクトがカインズ店舗の従業員の勤務日時と業務を最適に割当てるシステムを開発

  4. PwCコンサルティング、新型コロナワクチン接種業務支援室を設置

  5. アビームコンサルティングが東京海上日動あんしん生命の顧客価値向上を支援

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む