フロンティア・マネジメントが東証一部へ市場変更

更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表

フロンティア・マネジメントの上場市場がマザーズから東証一部へ市場変更されました。
「クライアントの利益への貢献」「ステークホルダーの利益への貢献」「社会への貢献」という経営理念のもと、今後も更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表しています。
国内コンサルティングファームによる東証一部への市場変更は続いており、今年4月にはプロレド・パートナーズも市場変更していました。
🔽プレスリリース
https://www.frontier-mgmt.com/5609/

関連記事

転職支援・ご相談はこちら