フロンティア・マネジメントが東証一部へ市場変更

更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表

フロンティア・マネジメントの上場市場がマザーズから東証一部へ市場変更されました。
「クライアントの利益への貢献」「ステークホルダーの利益への貢献」「社会への貢献」という経営理念のもと、今後も更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表しています。
国内コンサルティングファームによる東証一部への市場変更は続いており、今年4月にはプロレド・パートナーズも市場変更していました。
🔽プレスリリース
https://www.frontier-mgmt.com/5609/

関連記事

タグから記事を探す

おすすめコラム

  1. イグニション・ポイントとソラーレホテルズがHOLLISを共同設立

  2. コンサル?SIer?両方を知る内田だからできた元同僚への手厚い支援とは

  3. BCGへの挑戦。30代後半で外資戦略ファームに転職成功し、年収も500万円上がった理由。

  4. EYSCが書籍『カーボンZERO 気候変動経営』を出版

  5. BCG、環境省「GHG排出削減計画策定ガイドブック」の取りまとめを支援

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む