フロンティア・マネジメントが東証一部へ市場変更

更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表

フロンティア・マネジメントの上場市場がマザーズから東証一部へ市場変更されました。
「クライアントの利益への貢献」「ステークホルダーの利益への貢献」「社会への貢献」という経営理念のもと、今後も更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表しています。
国内コンサルティングファームによる東証一部への市場変更は続いており、今年4月にはプロレド・パートナーズも市場変更していました。
🔽プレスリリース
https://www.frontier-mgmt.com/5609/

関連記事

おすすめコラム

  1. キャップジェミニ・ ジャパンの 執行役社長に 保積弘康氏が就任

  2. 経営共創基盤が日本共創プラットフォームを設立

  3. プロレド・パートナーズが High-Growth Companies Asia-Pacific 2021に選出

  4. 他社経由のオファーでも、本気で背中を押してくれたエージェント

  5. パーソル総合研究所、ITエンジニアの就業意識に関する調査結果を発表

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む