フロンティア・マネジメントが東証一部へ市場変更

更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表

フロンティア・マネジメントの上場市場がマザーズから東証一部へ市場変更されました。
「クライアントの利益への貢献」「ステークホルダーの利益への貢献」「社会への貢献」という経営理念のもと、今後も更なる業容の拡大と企業価値向上に努めていくとのコメントを発表しています。
国内コンサルティングファームによる東証一部への市場変更は続いており、今年4月にはプロレド・パートナーズも市場変更していました。
🔽プレスリリース
https://www.frontier-mgmt.com/5609/

関連記事

おすすめコラム

  1. デロイト CEO直轄の「Climate Sustainabilityイニシアチブ」を発足

  2. デロイト トーマツ グループがCEO直轄の「Digital Governmentイニシアチブ」を発足

  3. SHIFTがVISH株式会社を子会社化へ

  4. 転職活動が終わっても付き合いたいエージェント。日系ファーム・シニアマネージャーへ転職!

  5. フォルトナの革新的な働き方について

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む