フューチャーアーキテクトが日本経済新聞社の新基幹システム『COMET』を開発

デジタルファーストを牽引するシステム基盤で”テクノロジー・メディア”へ

フューチャーアーキテクトは、株式会社日本経済新聞社の新基幹システム『COMET』を開発し、2020年末に本稼働させたことを発表。

背景として日本経済新聞社は、世界最先端のデジタル・テクノロジーを自ら開発し駆使する”テクノロジー・メディア”として業界をリードする存在となるべく、本格的な「デジタルファースト」の実現に向けて業務とシステムの両面で改革を推進。

読者のニーズに応え、デジタルの幅広い表現手法を組み合わせて高品質なコンテンツをタイムリーに提供するためには、従来の紙優先の編集フローからデジタル優先の編集フローへの移行は必至であり、その実現には柔軟性の高い新たなシステムへの刷新が不可欠だったとのこと。

フューチャーアーキテクトは、日本経済新聞社とともに『COMET』をデザインし開発を推進。

シンプルでわかりやすい画面から直感的な操作で簡単かつ短時間でコンテンツを編集できるうえ、情報の自動設定や入力補助などの機能も充実しているため、編集者はコンテンツの付加価値を高める作業により多くの時間を割くことができるとのこと。

また、双方向性を重視し、コンテンツ作成過程における複数名での同時編集や、編集履歴のチャットでのリアルタイム共有など独自の機能も実装しているようです。

これにより日本経済新聞社は、『COMET』を基盤としたデジタルファーストへの改革を本格的に推進し、多様なサービス展開により付加価値の高いコンテンツをスピーディーに読者に提供していくとのこと。

フューチャーアーキテクトは、業務改革ノウハウと技術の目利き力・実装力を強みに、今後さらにデジタルシフトが加速するメディア業界において日経がリーディングカンパニーとして持続的な成長を遂げるための真の改革を支援していくとのコメントを発表しています。

同社は先日カインズ店舗の従業員の勤務日時と業務を最適に割当てるシステムを開発したとの発表を行ったばかり。幅広い業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するためのシステム開発を続々と展開しています。

🔽プレスリリース
日本経済新聞社の新基幹システム『COMET』が2020年末に本稼働~デジタルファーストを牽引するシステム基盤で”テクノロジー・メディア”へ~

尚、フューチャーアーキテクトの取り組みについて理解を深めるキャリアセミナーが定期的に開催されています。
同社の最新情報・セミナーについては下記ページをご参考ください。
🔽フューチャーアーキテクトの最新情報・セミナー

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. 「コンサルのベンチャー」に転職する3つのメリット

  2. デロイトトーマツコンサルティング、レッドハット、HPEがDXで協業開始

  3. リヴァンプがJASDAQ(スタンダード)に上場へ

  4. BCG、内田有希昌氏と秋池玲子氏(新任)の共同代表体制に

  5. 52歳で子会社に転属…。将来性とやりがいを求め、ITコンサルに転職成功!

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む