BCG、金融サービスの利用に関する消費者調査の結果を発表

ボストン コンサルティング グループが、金融サービスの利用に関する消費者調査の結果を発表

BCGの最新の調査によれば、新型コロナ収束後に、事務手続きで銀行店頭を主に利用する意向は、感染拡大前の8割となったとのことです。
また、決済サービスにおいても、回答者の49%はキャッシュレス利用が感染拡大前に比べて増えたと感じているとの結果が出ています。
コロナウイルスに対しどう対処していくかが日々問われる中、金融サービスの利用にも「新しい日常の形」が訪れつつあると言えるでしょう。
🔽詳細はこちら
https://on.bcg.com/2Ypoirp

関連記事

転職支援・ご相談はこちら