GCA、BIZITとM&Aプラットフォームの活用・発展に関する業務提携を発表

M&AアドバイザリーとITプラットフォームの協業が加速へ

国内有数のM&AアドバイザリーファームであるGCAは、株式会社BIZITとM&Aプラットフォームの活用・発展に関する業務提携を発表。
BIZITは、日本最大級のグローバルM&Aオンラインプラットフォーム「BIZIT M&A」を運営しています。
🔽プレスリリース
https://bit.ly/2Co06yf
先日、同じくM&Aアドバイザリーに強みを持つフロンティア・マネジメントがITプラットフォームのZuvaと提携を発表。
同社のクライアント企業に対し、海外スタートアップに関する情報収集などを後押しするとしていました。
🔽詳細
https://ssl4.eir-parts.net/doc/7038/tdnet/1833529/00.pdf
企業の成長戦略としてクロスボーダーM&Aは重要性を増しています。
そこにITプラットフォームの力を加えることで、効率的な情報収集や、M&A市場の活性化に役立てるという動きが今後も続々と出てくることが予想されます。

関連記事

おすすめコラム

  1. EY、2021年のカーボンネガティブ実現に向けた目標を発表

  2. コンサルタントへの転職に学歴は必要?学歴フィルターを突破する3つの方法も紹介

  3. フロンティア・マネジメントが広島銀行・ひろぎんキャピタルパートナーズと業務提携

  4. 1度はNG…諦めずにポジション新設で大逆転!大手インフラグループ・課長へ転職!

  5. デロイト トーマツ グループがCEO直轄の「Digital Governmentイニシアチブ」を発足

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む