PwCコンサルがTechnology Laboratoryを開設

テクノロジーを活用した社会課題解決推進に向け産官学の連携を支援する「Technology Laboratory(テクノロジーラボラトリー)」を開設。

最先端技術に関する調査、分析、実証、そして実装まで、企業、大学・研究機関、政府機関を一気通貫で支援することで、社会課題の解決を目指す組織とのことです。
同組織をリードする所長に就任したパートナーの三治信一朗氏は、産官学の連携に強みを持つNTTデータ経営研究所や三菱総合研究所出身。
ロボットや先端医療など最先端の産業に関わるコンサルティングの第一人者として、チームをリードされていました。
🔽詳細
https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/opened-technology-laboratory200701.html

関連記事

おすすめコラム

  1. コンサル転職でおすすめのエージェントの特徴とは?

  2. SHIFTがVISH株式会社を子会社化へ

  3. 成功の秘訣は、エージェントとのシナジー。ITベンダーから外資系総合コンサルファームへ転職

  4. キャップジェミニが茨城県庁のRPA導入による業務のデジタル変革を支援

  5. 選考期間1年!諦めない心で拓けた戦略ファームへの道未経験から外資系戦略ファームへ転職!

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】キャリア相談を申し込む