フューチャー、ニチガスのDXを推進するデータプラットフォームを開発

ガス業界初のデジタルツインシステム「ニチガスツイン on DL」を実現

フューチャー株式会社は、日本瓦斯株式会社(ニチガス)のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進すべく、同社のIT戦略パートナーとしてプロジェクトに参画。

および、2021年3月に運用を開始したガス業界初のデジタルツインシステム「ニチガスツイン on DL」のデータプラットフォームMDDM(Meter Data Management Meter Device Management)を開発したことを発表しました。

ニチガスが株式会社ソラコムと共同開発したIoT(Internet of Things)検針デバイス「スペース蛍」約85万台から得られる1時間単位の使用状況データと、IoTデータ収集基盤「ニチガスストリーム」から収集されるビッグデータを、現場で人が対応しなければならない業務へと連携。

それにより、メーターの無人検針が集金につながる仕組みやガス栓の遠隔自動開閉、ガスの微小漏洩の検知などを可能にし、CPS(Cyber-Physical System)※を構築したとのことです。

※CPS(Cyber-Physical System)とは、実世界の多様な情報をセンサーネットワーク等で収集し、コンピューターによる仮想空間に取り込み、情報分析・解析し、業務効率化や社会全体の活性化を図る概念。

また、2021年3月にはDXを実装した世界最大規模のLPガスハブ充填基地「夢の絆・川崎」が竣工し、製造データも得られるように。

※「夢の絆・川崎」は現在の旗艦ハブ充填基地である千葉工場の約5倍の充填能力を有し、約200万世帯をカバーする世界最大規模の基地。DXを実装、完全無人化を目指しており、量子暗号化やFIDO(ファイド)を視野にいれた自動認証技術を導入。

「スペース蛍」からの消費データと「夢の絆・川崎」からの製造データを集積することで、現場のあらゆるデジタルデータからガスの充填・配送・検針・保安といったすべての業務フローを仮想のデジタル空間で再現するデジタルツインシステム「ニチガスツイン on DL」が実現するとのこと。

デジタルツインの実現により、業務のシミュレーションや最適化の検証が容易になり、業務の効率化も加速。

さらに、今後は個々のデータをセキュアに担保することを前提に他社へ仕組みを展開し、ガスビジネスのみならずエネルギービジネスの変革にも貢献していくとのことです。

✅MDDMの特徴
MDDMは、フューチャーが開発したビッグデータを活用するためのデータプラットフォーム。
■サーバーレスアーキテクチャで WebAPI、データストア、制御システムを構築し、ビッグデータを高速に処理するための基盤を自社開発。
■デバイスの仕様によるbit信号やプロトコルの違いを吸収し、リアルタイムにデータ連携できる仕組みを実現しています。
■MDDMは2020年5月に開発し、現在、プラットホーム「スペース蛍クラウド」として、ニチガスのみならず同社のグループ企業3社に展開。

🔽プレスリリース
フューチャー、ニチガスのDXを推進するデータプラットフォームを開発

ハイクラス転職・コンサル転職なら
フォルトナ


あなたの人生に最高のクオリティを
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

【無料】転職相談を申し込む

関連記事

おすすめコラム

  1. PwC Japan、DXに関する最新書籍「デジタルチャンピオン」を発行

  2. デロイト トーマツ ベンチャーサポートがSun Asteriskと協業へ

  3. 出会えたことが幸運な“プロの転職支援” PEファンドからハンズオンファームへ転職!

  4. コンサル出身のエージェントだからこそ分かってくれた私の悩み。戦略ファームへ転職!

  5. クニエがSAS Institute Japan Partner Award 2021にて「Best Pioneer Award」を受賞

登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む
登録は1分で完了!相談はすべて無料です。
【今すぐ】無料転職支援を申し込む