PwCアドバイザリー、官民連携による歴史的価値のある建造物の継承・活用を推進

東京都文京区の旧元町小学校と元町公園の一体的活用事業を支援

PwCアドバイザリーは、文京区よりアドバイザリー業務を受託し、事業条件の整理から事業者公募、基本協定締結までを一気通貫で支援したことを発表。

同件は、文京区立旧元町小学校と元町公園の一体的活用事業に係るもの。旧元町小学校と元町公園は、関東大震災の帝都復興事業における復興小学校および復興公園として建設整備され、90年以上が経過した今日も建設当時の姿をとどめ、高い歴史的価値が認められています。

PwCアドバイザリーの持つ豊富なPPP(官民連携事業)等の支援経験を生かし、法務、財務および建築技術などの専門的知見を活用して、事業スキームの検討から公募、事業者選定、および基本協定締結までの支援業務を提供したとのことです。
🔽プレスリリース
https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/motomachi-advisory201026.html

関連記事

転職支援・ご相談はこちら