転職活動を経て気づいた、企業名やブランドよりも大切なこと。戦略ファーム・マネージャーへ転職!

Tさん 20代(男性)有名私立大卒

外資系総合ファーム・シニアコンサルタント⇒ブティック系戦略ファーム・マネージャー

転職活動のきっかけ

当時は外資系の戦略ファームに転職したいと思っていたので、軒並み有名な戦略ファームを受けていました。

当時私の所属していたファームのサービス対象が業務領域に限定されていたので、戦略領域での意思決定に関与した方が、よりクライアントへの提供価値を高められると感じていたからです。

一方で、明確なやりたいことがなかなか見つからない、というジレンマもありました。

今思えば、外資系戦略ファームへの想いはどちらかというと憧れにすぎず、本当に自分の求めるものと向き合えていなかったのだと思います。

エージェントとしてフォルトナを選んだ理由

外資系戦略ファームを中心に色々と受けていたのですが、上記のような気持ちで受けていることもあって、正直なところなかなか結果に結びつかず、フラストレーションを抱えていた時に春日さんにお会いしました。

自分の力の無さを感じていたところ、「そのような戦略ファームに行ったところでTさんの欲しいものが得られるの?」という言葉が非常に刺さりました。

自分の頭の中では外資系戦略ファームしか選択肢になかったので、一旦そこから離れて本当に自分の求めるものを考える時間を頂けたのです。

事業会社も含めて、色々とご紹介いただいたのですが、最終的には「自分の得意なコンサルでバリューを出しながら新規事業もやっていける」「優秀な創業社長の横で働ける」「メンバーがやりたい会社を経営している」「ストックオプションも頂ける」という現職を受けることになりました。

憧れよりも、仕事の中身として自分がやりたいな、という想いや、こういうマインドの人たちと働きたいな、という想いを優先した時に見えてきた選択肢でした。

転職活動のポイント

誰と何を経験するか、ということが非常に重要だと思っています。

春日さんからは「大事なのはどこで働くかよりも、そこで何を経験するか?」というメッセージも頂きました。

自分は色々なものを「環境」に求めていたのですが、結局は人と働いていく以上、誰の元で誰と働くのか、そこで何を経験するのか、ということの方が重要だと思います。

これから転職活動をされる方へのメッセージ

若いうちは企業名やブランドには惹かれてしまうんですが、そこで具体的に得られる経験がどんなものなのか?をしっかり理解することが必要だと思います。

また、それを理解しているエージェントの存在は心強いです。

春日さんには人生の中で大切なことを教えて頂いただけではなく、少数精鋭のファームに飛び込むというところで背中を押してくださったことを、改めてここでも感謝申し上げたいと思います。

フォルトナに伝えたい本音トーク

祝勝会での焼き鳥ご馳走さまでした!とても美味しかったです。二回目行こうって言われたのにまだお誘いが来ていないのは、ご紹介できていないからでしょうか?(笑)

友人をぜひご紹介したいと思っていますので、引き続き楽しみにしております!

弊社ディレクターの春日が担当した転職支援です。

春日が担当した直近の転職支援事例
■30代(男性)有名私立大卒 日系ファーム⇒大手総合系ファーム・パートナー
■40代(男性)外資系事業会社・マネージャー⇒日系ファーム・CXO支援ユニット・シニアマネージャー

支援実績

ハイクラス転職・コンサル転職ならフォルトナ


あなたの人生に、最高のクオリティを。
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

1分で完了!無料登録・転職相談

関連記事

転職支援・ご相談はこちら