ハイクラス転職でエージェントを使う理由は、ここにある。戦略ファーム・パートナーへ転職!

Sさん 30代(男性)有名私立大

監査法人コンサル部門・ディレクター⇒ブティック系戦略ファーム・パートナー

転職活動のきっかけ

実は転職を考え始めた頃、前職にはディレクターとして入社したばかりでした。

元々他のコンサルファームで部門立ち上げなどを経験していましたので、自分の力を試すと言う意味でも、ある程度の裁量と自由度を持って仕事の出来るポジション・環境を求めて前職を選んだのですが、私が求めるラインとは大きなギャップがありました。

当時は前職の方々と何度も何度もディスカッションを重ね、納得して入ったつもりだっただけに、次の転職こそは自分の求めるものをなんとしても勝ち取りたいという強い想いがありました。

エージェントとしてフォルトナを選んだ理由

そんな中、フォルトナの春日さんとお会いすることになりました。
有難いことに色々なエージェント様から非常に多くの案件をご提案頂いていたのですが、話を聞けば聞くほど、どれも正直今と変わらないかな、という想いが募るばかりでした。

一方で、春日さんは私の求める自由度・裁量などの希望を汲み取るやいなや、「Sさんの求めるものを叶えるなら、こんな規模感のファームが良いのでは?」とピンポイントで求めていた選択肢を提示してくれました。

しかもそれはフォルトナさん独占案件ということ、そして社長へのトップアプローチを行えるということが、非常にエージェントとして心強く感じ、フォルトナさんで選考を進めさせて頂くことにしました。

転職活動のポイント

実際に社長にお会いしてみると、戦略コンサルとしてのクレバーさ、そして体系立ったコンサルティングの方法論をお持ちだとすぐに分かりました。

話をする中で、私は「彼に無いものを自分は持っていて、自分に無いものを彼は持っている」ということを痛烈に感じました。

というのも、当時同社は大企業ばかりがクライアントだったのですが、社長の想いとしては中小領域にも広げたかったのです。

私自身、中小企業のオーナー社長と膝をつきあわせて仕事をしてきた経験も豊富でしたし、ある意味現場でコンサルを学んできたような人間だったので、自分が貢献できるイメージもありつつ、社長の持つ知恵や経験との相乗効果が生まれることを確信していました。

しかも、少数精鋭のファーム。パートナーとしてジョインするのであれば、裁量権を持って、自由度も高い環境で仕事ができそうということで、面談が終わるころには勝手に入社を決めていました(笑)。

これから転職活動をされる方へのメッセージ

前回と今回の転職を総じて振り返ってみれば、転職は「人とのマッチング」がとても大切だと改めて気が付きました。
ただ、正直何回か会った程度で人との相性を見抜くのは難しいです。

だからこそ、エージェントを使う意味があるのだと思います。

私は今回、エージェントに対して全ての想いを開示していました。変な駆け引きをしても、結局は自分に有利にはなりません。

一方で、企業側に深く入り込んでいて、本当にその会社の社長や経営陣の思考を理解していて、「この人とこの企業は合いそうだ」という提案のできるエージェントの存在は、「人とのマッチング」を大きく助けてくれます。

特にハイクラスの転職であれば、そのようなエージェントの存在は必須だと思います。

今回の転職はコロナ禍というイレギュラーの中にも関わらず、面接も例外的に対面で設定頂きました。それは私が対面で会うことを大切にしていたからで、春日さんも同じ想いを持ってくれていました。私の想いを大切にしてくれた春日さんには、改めて御礼をお伝えしたいです。

弊社ディレクターの春日が担当した転職支援です。

春日が担当した直近の転職支援事例
■30代(男性)有名私立大卒 日系ファーム⇒大手総合系ファーム・パートナー
■40代(男性)有名私立大卒 外資系事業会社⇒日系ファーム・シニアマネージャー

ハイクラス転職・コンサル転職ならフォルトナ


あなたの人生に、最高のクオリティを。
  1. ハイクラス転職・コンサル転職特化。業界トップクラスのプロが貴方の転職をサポート
  2. コンサルファーム・著名企業のCXO・エグゼクティブへのトップアプローチで実現する特別ルートと非公開求人
  3. キャリアだけではなく、人生の自己実現を共に叶えるライフタイムパートナー

1分で完了!無料登録・転職相談

関連記事

転職支援・ご相談はこちら