アクセンチュア、新型コロナウイルスのワクチン管理ソリューションを発表

公衆衛生当局のさまざまなニーズや優先事項に柔軟な対応を可能に

アクセンチュアは、新型コロナウイルス予防接種プログラムを支援するワクチン管理ソリューションを発表。
政府や医療機関が新型コロナウイルス感染症のワクチン接種プログラムや、関連する物流やコミュニケーション施策を迅速かつ効果的に計画・開発するための、包括的なソリューションとなっているようです。

本ソリューションは、アクセンチュアが持つ接触追跡機能を拡張するもので、Salesforceのマニュアル接触追跡ソリューションを活用したもの。
新型コロナウイルス感染症のワクチン配布にあたり、公衆衛生の管轄区で米国疾病対策予防センター(CDC)が提供するガイドラインに準拠した運用を支援していくとのことです。

このソリューションはアクセンチュアの蓄積した業界経験、分析やコンサルティングの知見に基づいて開発されたもので、ワクチン管理および追跡プラットフォーム、サプライ・マネジメント、コミュニティへの認知拡大、接触管理、分析とレポート作成、組織サポートといった要素が含まれており、ニーズに合わせて、組み合わせまたは個別に使用することが可能とのことです。

🔽プレスリリース
https://newsroom.accenture.jp/jp/news/release-20201022.htm

関連記事

転職支援・ご相談はこちら